Mの秘密 東京・京都五一三.六キロの間

Mの秘密 東京・京都五一三.六キロの間 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年09月25日
商品形態:
電子書籍

Mの秘密 東京・京都五一三.六キロの間

  • 著者 西村 京太郎
発売日:
2015年09月25日
商品形態:
電子書籍

十津川警部、歴史の謎に挑む!

作家の吉田は武蔵野の古い洋館を購入した。売り主の母が終戦後、吉田茂がマッカーサーの元に送り込んだスパイだったという噂を聞く。そして不動産会社の社員が殺害され…。十津川が辿り着いた真相とは?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Mの秘密 東京・京都五一三.六キロの間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりに西村京太郎を読んだ。マッカーサーと吉田茂の関係の謎、秘密。結末が面白かった。 久しぶりに西村京太郎を読んだ。マッカーサーと吉田茂の関係の謎、秘密。結末が面白かった。
    ブルー
    2015年12月28日
    23人がナイス!しています
  • 西村京太郎って、 こんな文体だったっけ? わざと? 読点だらけの読みにくい文章。 同じことの繰り返し…。 マッカーサーと吉田茂。 その謎には興味があったけど 登場人物が限られているので 結果が予想され 西村京太郎って、 こんな文体だったっけ? わざと? 読点だらけの読みにくい文章。 同じことの繰り返し…。 マッカーサーと吉田茂。 その謎には興味があったけど 登場人物が限られているので 結果が予想されるし。 う〜む。 …続きを読む
    Syo
    2017年09月24日
    20人がナイス!しています
  • いつもの十津川警部の謎解きスタイルとは少々趣が異なる。薄い本なのだが戦争が絡んできて、いつものトラベルミステリーを期待して読むと少し読みにくいかもしれない。でも著者はこういう戦争の話を書きたいのだと思 いつもの十津川警部の謎解きスタイルとは少々趣が異なる。薄い本なのだが戦争が絡んできて、いつものトラベルミステリーを期待して読むと少し読みにくいかもしれない。でも著者はこういう戦争の話を書きたいのだと思う。戦時中のことを知っている人が少なくなった今、戦時中を知っている作家には出来るだけ書き残して欲しいと思う。 …続きを読む
    fumikaze
    2018年11月09日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品