天佑なり 下 高橋是清・百年前の日本国債

2014年 第33回 新田次郎賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041031728

2014年 第33回 新田次郎賞

天佑なり 下 高橋是清・百年前の日本国債

  • 著者 幸田 真音
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041031728

不世出の財政家の生涯を描く--新田次郎賞受賞作!

日露戦争の戦費調達を命じられた高橋是清は、ロンドンで日本国債を売り出し、英語力と人脈を駆使して成功を収める。蔵相、首相をも歴任、金融恐慌の鎮静化にも尽力するが、そこへ軍国主義の波が押し寄せる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『天佑なり』幸田真音さんインタビュー


「天佑なり 下 高橋是清・百年前の日本国債」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幸田真音。マインさんは、女性でしたか。硬い内容をまさか女性が、とか思うのはジェンダー・ハラスメント。いやぁ、とても読みやすく面白い物語でした。『上』の波乱万丈も楽しかったが、やはり『下』に至る序章でし 幸田真音。マインさんは、女性でしたか。硬い内容をまさか女性が、とか思うのはジェンダー・ハラスメント。いやぁ、とても読みやすく面白い物語でした。『上』の波乱万丈も楽しかったが、やはり『下』に至る序章でしかなかった。日露戦争の資金調達が始まる。当時の日本経済を知れば知るほど、開戦に踏み切ってよかったのかどうか。しばらく待てばロシアの国もとに革命の火がつくことは、どの程度読めていたのだろうか。「無い袖を先に振ってしまった」日本政府。このピンチにも是清の凄腕はさらに研ぎ澄まされてゆく。表紙の是清がかわいい。 …続きを読む
    壮の字
    2016年05月26日
    54人がナイス!しています
  • 小説としては、上巻の波瀾万丈の前半生の方が面白いが、日銀の副総裁として、日露戦争の戦費調達のため、日本国債を海外で売ろうと倫敦に行くあたりから、金融のスペシャリストである真音さんらしい経済・金融小説に 小説としては、上巻の波瀾万丈の前半生の方が面白いが、日銀の副総裁として、日露戦争の戦費調達のため、日本国債を海外で売ろうと倫敦に行くあたりから、金融のスペシャリストである真音さんらしい経済・金融小説になっていく。そして是清は、日銀総裁を経て、大蔵大臣と、いよいよ政治の世界へ。その後、原敬の後を受けて、総理大臣にもなるが、やはり高橋是清と言えば、6回も勤めた大蔵大臣。ケインズ理論よりも以前にケインズ的な積極財政政策を実行していたことに改めて驚きを覚える。 …続きを読む
    いたろう
    2015年11月07日
    49人がナイス!しています
  • 日銀に入り活躍する是清。日露戦争の戦費調達の為の外債発行を苦労しながらも成功させ、その手腕が買われ大蔵大臣に就任すると、大正から昭和にかけての日本財政の危機を幾度も救っていく。一気に経済小説らしくなり 日銀に入り活躍する是清。日露戦争の戦費調達の為の外債発行を苦労しながらも成功させ、その手腕が買われ大蔵大臣に就任すると、大正から昭和にかけての日本財政の危機を幾度も救っていく。一気に経済小説らしくなり、丁寧な人物描写が好きな自分にとって文体が好みではない所もあるが、是清の人物像があまりに魅力的。若い頃からの経験で身につけた経済感覚と国際感覚、信念を曲げない強さ、そして無私の精神で、危機を救い、多くの人に頼られ、軍部の横暴にも頑として譲らない姿に惹き付けられた。それだけに二・二六の凶行に憤りを禁じ得ない。 …続きを読む
    Book & Travel
    2016年10月28日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

「高橋是清」と言えば、名前くらいはほとんどの人が知っていると思いますが、その生涯となるとなかなか知られていないと思います。しかし、これを読めば、面白く是清のことがわかり、当時の政界や経済のこともわかると一石二鳥にも三鳥にもなる作品です。(衣谷弥さん)

今まで伝記小説というものは地味な物と思っていたが、「天佑なり」を読んで自分の中の伝記小説のイメージが変わってしまった。この本は高橋是清の知恵が詰まった実用書でもあり、なんて生ぬるい世の中に生きている事かと気付かされると同時に勇気をもらえる痛快小説である。(k.kさん)

とにかく驚いた。100年前の日本にこんなにも波乱万丈な人生を送った人物がいたとは。次から次へと、それこそページをめくるたび現れる困難。彼のいる場所は目まぐるしく変わり、海の向こうにまで広がる。これは天佑を受けた男の冒険物語だと思った。(りんちゃんさん)

最近チェックした商品