ようするに、怪異ではない。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041029299

ようするに、怪異ではない。

  • 著者 皆藤 黒助
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041029299

真相はつまり、怪異の仕業ではなくて――。新たな青春ミステリの決定版!

東京から鳥取の高校に入学した皆人は、変人美人・ハル先輩から「妖怪研究同好会」に勧誘される。なるべく関わりたくない皆人だったが、強引に巻き込まれて謎解きをすることに!? <よう怪>シリーズ第1弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

ようするに、怪異ではない。 あらすじ動画


「ようするに、怪異ではない。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ようかいの〜せいなのね、そうなのね♪読んでいる間ずっとこのフレーズがぐるぐるしていた。鳥取県境港市、水木しげるさんの聖地にある高校の、妖怪研究同好会のお話。何でも妖怪の仕業だと主張するトトリちゃんと、 ようかいの〜せいなのね、そうなのね♪読んでいる間ずっとこのフレーズがぐるぐるしていた。鳥取県境港市、水木しげるさんの聖地にある高校の、妖怪研究同好会のお話。何でも妖怪の仕業だと主張するトトリちゃんと、妖怪を否定して謎を解明するミナトくん。軽いミステリーで会話がテンポよく小気味いい。最後の事件がちょっとイヤだったけど、設定もキャラクターも面白かった。妖怪リモコン隠しは、うちにも棲みついていそう。 …続きを読む
    mocha
    2015年11月09日
    101人がナイス!しています
  • 青春ミステリ。作者の出身である鳥取県の地方色が出ている点が興味をひく。妖怪を否定したい主人公と、妖怪を認めたい先輩とのせめぎ合いがシリーズ全体を包んでいる。キャラが立っているので、シリーズとしてのおも 青春ミステリ。作者の出身である鳥取県の地方色が出ている点が興味をひく。妖怪を否定したい主人公と、妖怪を認めたい先輩とのせめぎ合いがシリーズ全体を包んでいる。キャラが立っているので、シリーズとしてのおもしろさも抜群。主人公は東京出身という設定だが、東京の地方としての特色を出すのではなく、逆に地方色を消すことによってその個性を成立させている。いわば東京を含めた首都圏というのは、日本のスタンダードと考えられているわけで、小説界に限らず、どの程度そのように認識されているのかについて考えさせてくれた作品。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2015年05月16日
    100人がナイス!しています
  • 入学早々、妖怪好きの先輩女子高生の有無を云わせぬ勧誘で妖怪研究同好会に入る事になった妖怪嫌いの主人公皆人。所謂主人公振り回されパターンなのですけど、何でも妖怪のせいにしようとする先輩ハルと妖怪などいな 入学早々、妖怪好きの先輩女子高生の有無を云わせぬ勧誘で妖怪研究同好会に入る事になった妖怪嫌いの主人公皆人。所謂主人公振り回されパターンなのですけど、何でも妖怪のせいにしようとする先輩ハルと妖怪などいない事を証明しようとする皆人のやり取りが何とも可笑しいです。舞台が水木しげる先生の出身地、妖怪ロードのある鳥取県境港市という所も泣かせます。安心して楽しめる青春日常ミステリーでした。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2017年02月22日
    77人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品