異界と日本人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
210
ISBN:
9784044083373

異界と日本人

  • 著者 小松 和彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
210
ISBN:
9784044083373

妖怪研究の第一人者がおくる画期的異界論!

古来、日本人は未知のものに対する恐れを異界の物語に託してきた。酒呑童子伝説、浦嶋伝説、七夕伝説、義経の「虎の巻」など、さまざまな異界の物語を絵巻から読み解き、日本人の隠された精神生活に迫る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異界と日本人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 絵巻物の分析から異界と日本人の関係を追った一冊。鬼、狐、天狗、かつては我々のすぐ隣にいたのに今ではどこかへ行ってしまったものが懐かしく思い出される。ここで紹介されている絵巻物は『御曹司島渡』『天稚彦草 絵巻物の分析から異界と日本人の関係を追った一冊。鬼、狐、天狗、かつては我々のすぐ隣にいたのに今ではどこかへ行ってしまったものが懐かしく思い出される。ここで紹介されている絵巻物は『御曹司島渡』『天稚彦草紙絵巻』以外内容だけは知っていたので、分析した部分は興味深く読めた。一番面白く感じたのはあちらとこちらでの時間の変化の部分。浦島は当然だけど、狐の世界でも時間の流れは違っているんだなあ。最後の物語の復権的な部分も、失ってしまった現代人としては素直に頷ける。かつてあった豊饒な世界を思い出させてくれる本でした。 …続きを読む
    HANA
    2015年08月26日
    57人がナイス!しています
  • NHKのテレビ番組のためのものらしく、広く浅くといった感じの妖怪もの。著者の他作品でじっくり「妖怪講義」を読んでいるし、妖怪そのものよりも絵巻物の解説を読みたく手に取ったのでその絵巻物の解説に大満足。 NHKのテレビ番組のためのものらしく、広く浅くといった感じの妖怪もの。著者の他作品でじっくり「妖怪講義」を読んでいるし、妖怪そのものよりも絵巻物の解説を読みたく手に取ったのでその絵巻物の解説に大満足。じっくり濃密な妖怪講義的なモノも良いけど、こういったサクッとしたものも気構えずに読めて楽しい。 …続きを読む
    レアル
    2019年06月27日
    53人がナイス!しています
  • NHKのテレビ講座の内容をまとめたもの。しかも、本来は「妖怪と日本人」としたかったとか。絵巻の紹介として興味深くはあるが、異界論としてはたいした話はしていない。どこに根拠があるんだかわからない話も多く NHKのテレビ講座の内容をまとめたもの。しかも、本来は「妖怪と日本人」としたかったとか。絵巻の紹介として興味深くはあるが、異界論としてはたいした話はしていない。どこに根拠があるんだかわからない話も多く、あまり感銘は受けなかった。 …続きを読む
    tetsuya
    2019年01月26日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品