角川ホラー文庫

のぞきめ

何かに覗かれている──そんな気がする時は、一旦本書を閉じてください。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041027226
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

のぞきめ

何かに覗かれている──そんな気がする時は、一旦本書を閉じてください。

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041027226

何かに覗かれている──そんな気がする時は、一旦本書を閉じてください。

禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる若者たち。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった──。ミステリとホラーの絶妙な融合!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「のぞきめ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • どっぷり堪能いたしました。怖いというよりも「憑き物伝承が残る山奥の村が舞台」というだけで、個人的はもう満足でした!しかし、沢山の謎や疑問を残したまま、ページも残り僅かとなり、怪奇のまま終わるのかと思い どっぷり堪能いたしました。怖いというよりも「憑き物伝承が残る山奥の村が舞台」というだけで、個人的はもう満足でした!しかし、沢山の謎や疑問を残したまま、ページも残り僅かとなり、怪奇のまま終わるのかと思いきや、最後に推測とはいえ、多少種明かしとなってしまったのが、怪奇好きとしては少し拍子抜けでした。とはいえ、扱う題材がおもしろい作家さんなので、他の長編シリーズも俄然読みたくなりました。映画はまだ観ていないのですが、この世界観をうまく出せているんだろうか…ちょうどもうすぐWOWOWで放送されるので観てみます。 …続きを読む
    nuit
    2017年06月03日
    146人がナイス!しています
  • 読メさんの感想を読んで、表紙が何かあまりホラーらしくない割には中身の怖さがかなりあるようなので、初めての作家であるのですが読んでみました。比較的好きな感じの本でした。土俗的な研究の感じもあったり、若い 読メさんの感想を読んで、表紙が何かあまりホラーらしくない割には中身の怖さがかなりあるようなので、初めての作家であるのですが読んでみました。比較的好きな感じの本でした。土俗的な研究の感じもあったり、若い人々がホラーに巻き込まれてしまって(怪物や幽霊が出てくるというわけではないのですが)亡くなっていくという恐怖は結構な怖さです。「リング」を最初に読んだ時と同じような恐怖です。私は満足しました。 …続きを読む
    KAZOO
    2015年10月14日
    134人がナイス!しています
  • 山で死んだ遺体をおろくといいますが、山屋がおろくを見つけて担いで山を下りたりすると、風呂に入ったり服を洗濯してもなかなか臭いが落ちないという話を昔読みました。何を言いたいかというと遺体を焼く鼻の曲がる 山で死んだ遺体をおろくといいますが、山屋がおろくを見つけて担いで山を下りたりすると、風呂に入ったり服を洗濯してもなかなか臭いが落ちないという話を昔読みました。何を言いたいかというと遺体を焼く鼻の曲がる臭いの中にいたのならすぐに他の者に臭いで気づかれるだろうということです。そんなことを考えながらも二つの話は充分過ぎるほど怖かった。後の推理は必要なものなのか、蛇足なのか。確かめようもないものならば、やっぱり蛇足なのじゃないかという気もするが、それは作者の個性だからしょうがないですかね。でもそろそろ飽きてきた。 …続きを読む
    ハイランド
    2018年06月04日
    132人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品