のぞきめ

のぞきめ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041027226
label

のぞきめ

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041027226

何かに覗かれている──そんな気がする時は、一旦本書を閉じてください。

禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる若者たち。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった──。ミステリとホラーの絶妙な融合! 禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる若者たち。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった──。ミステリとホラーの絶妙な融合!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「のぞきめ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読友さんから頂いたので久々の三津田さん。いつも通りに、難しい地名や人名が多くて慣れるまでは苦戦したが、怪奇の発想に著者らしさを感じて楽しめた♬論理的に説明がつかない「憑き物」だが、その現象&条件のルー 読友さんから頂いたので久々の三津田さん。いつも通りに、難しい地名や人名が多くて慣れるまでは苦戦したが、怪奇の発想に著者らしさを感じて楽しめた♬論理的に説明がつかない「憑き物」だが、その現象&条件のルールを推測してゆく展開も面白い(結局は不条理なのだが)。終盤で謎解きとしてミステリぽくなるが犯人の納得度は高くなく、いっそのことホラーを貫いても良かったのではと思った。両方のバランスが良い『刀城言耶シリーズ』に比べると若干物足りなく感じたが、恐怖感に関しては充分ゾクゾク出来たし、程好いページ数なのは有難かった。 …続きを読む
    しんたろー
    2019年10月07日
    205人がナイス!しています
  • 「刀城言耶シリーズ」でない三津田信三の小説を初めて読んだ。ホラーなんだ。一気に読ませる技巧はさすがに手慣れた物を感じ、面白く読んだ。しかしこれが意外と怖くなかった。「のぞきめ」が至るところから「覗く」 「刀城言耶シリーズ」でない三津田信三の小説を初めて読んだ。ホラーなんだ。一気に読ませる技巧はさすがに手慣れた物を感じ、面白く読んだ。しかしこれが意外と怖くなかった。「のぞきめ」が至るところから「覗く」、天袋から、戸棚脇の僅かな隙間から。しかし「覗く」事しか出来ないので無視すれば良い、と何ともシンプルな解決策が提示されたりして、何か可哀想である。あなた(読者)も見られているかも知れないから、と作者が読者の身を心配してくれるサービス付き。三津田信三はやはり「刀城言耶」シリーズの方が好みなんだな、と判りました。 …続きを読む
    青乃108号
    2023年10月01日
    193人がナイス!しています
  • 想像すると怖いって感じの話です。 夜読むと、ほんとにそのスキマに誰かいるようで…。 漢字が多いのには、苦労しましたが、それ以外は、割と読みやすかったです。 大まかに2話の構成で、覗くことでの恐怖体験、そし 想像すると怖いって感じの話です。 夜読むと、ほんとにそのスキマに誰かいるようで…。 漢字が多いのには、苦労しましたが、それ以外は、割と読みやすかったです。 大まかに2話の構成で、覗くことでの恐怖体験、そして、真実らしきことが描かれます。 こういうのって、リアルさがどのくらいあるかなんですよね。 そういう意味では、序章と終章がいい感じでリアルさを出しています。 …続きを読む
    散文の詞
    2021年06月23日
    181人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品