高層の死角

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041027158

高層の死角

  • 著者 森村 誠一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041027158

鉄壁のアリバイと密室のトリックは解けるのか? 本格ミステリの金字塔。

大ホテルの社長が、外扉・内扉ともに施錠された二重の密室で殺害された。捜査陣は、美人社長秘書を容疑者と見なすが、彼女には事件の捜査員・平賀刑事と一夜を過ごしていたという完璧なアリバイがあり!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「高層の死角」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 森村氏のデビュー作にして、乱歩賞受賞作品です。ホテルのワンマン社長が密室で殺され、直後に美人秘書が福岡で死亡…アリバイ崩しに重点を置いた警察小説風な物語でした。森村氏といえば、ホテルマン。内容も例にも 森村氏のデビュー作にして、乱歩賞受賞作品です。ホテルのワンマン社長が密室で殺され、直後に美人秘書が福岡で死亡…アリバイ崩しに重点を置いた警察小説風な物語でした。森村氏といえば、ホテルマン。内容も例にもれずホテルマンならではの発想と視点を生かした、むしろ生かしすぎて訳が分からないような凝りに凝ったトリックとなっております。熱意、意欲、ビンビン伝わってきます。小説家になるためにホテルマンになったのか、ホテルマンになったから小説家になったのか…きっと接客しながら高層の構想を練っていたのですね。 …続きを読む
    みっぴー
    2016年11月18日
    57人がナイス!しています
  • 50年前に出た乱歩賞受賞作。ひたすらアリバイ崩しに挑む刑事の執念なかなかでした。読み応えあります。 50年前に出た乱歩賞受賞作。ひたすらアリバイ崩しに挑む刑事の執念なかなかでした。読み応えあります。
    達ちゃん
    2019年09月27日
    36人がナイス!しています
  • 森村誠一のデビュー作で第15回江戸川賞受賞作品。元ホテルマンの経験を存分に盛り込んだアリバイ崩しの名作。これでもか、というくらい崩しても崩しても再び立ちはだかるアリバイの壁。ホテル業務のディテールにこ 森村誠一のデビュー作で第15回江戸川賞受賞作品。元ホテルマンの経験を存分に盛り込んだアリバイ崩しの名作。これでもか、というくらい崩しても崩しても再び立ちはだかるアリバイの壁。ホテル業務のディテールにこだわったアリバイ構造は、油断するとおいていかれてしまう緻密さで、あの『点と線』を彷彿とさせます。パスポートのからくりなど時代を感じる要素もありますが、未だ色褪せない傑作です。 …続きを読む
    ピッポ
    2017年08月02日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品