黙視論

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041025307
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

黙視論

  • 著者 一 肇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041025307

唯一無二の新鋭「一肇」が放つ、渾身の「問題作」!

「極力、人と会話しない」という自分ルールを守って生きる女子高生・幸乃木未尽(こうのぎ・みづく)。
言葉を捨てたことで、相手の「ありえたかもしれない物語」――未尽が【黙視】と呼ぶ幻を見ることができる。
ある日、未尽は、学校の中で赤いバンパーのついたスマホを拾った。液晶画面に持ち主からのメッセージが流れてきて応答するうちに、【九童環(くどう・たまき)】と名乗る彼は「自分はテロリストで、ひと月後の文化祭に爆弾を仕掛けた」と打ちあけ始める。「そのスマホは、テロの起動スイッチ」だというのだ!「返却することはできない」と言う未尽に、環は1つの賭けを持ちかける。
「――では、どちらが先に相手を見つけられるか、競争しよう」
テロリストの正体を探し、学校内を奔走する未尽の前に、次々と現れる【九童環】候補たち。それぞれの成し遂げようとする「テロ」とは!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黙視論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 話す事を拒否し、黙視(要は妄想)により補完する少女。千里眼の兄。テロリストたらんとする九童環。極端な設定と、純粋な視線が紡ぐ一肇らしい物語。 話す事を拒否し、黙視(要は妄想)により補完する少女。千里眼の兄。テロリストたらんとする九童環。極端な設定と、純粋な視線が紡ぐ一肇らしい物語。
    miroku
    2019年04月10日
    18人がナイス!しています
  • 妄想が幻想になりきれていないんじゃなかろうか。練り込み不足な感があり、現実と妄想の境界が曖昧な割に読んでいてどちらにも違いを感じられず重なり合ってしまい、混乱の元となってしまっている。この混乱こそが作 妄想が幻想になりきれていないんじゃなかろうか。練り込み不足な感があり、現実と妄想の境界が曖昧な割に読んでいてどちらにも違いを感じられず重なり合ってしまい、混乱の元となってしまっている。この混乱こそが作者の狙いなのだとしたらとりあえずは成功しているのかもしれませんが、この混乱は読んでいて特別面白く感じるものではありませんでした。読み口は相変わらず好みだし、ラストに向けての展開は凄く良かったし、オチも唐突だけれど決して悪くはなかったのに、そこに辿り着くまでの仕掛けや物語は正直なところ退屈でした。勿体ない。 …続きを読む
    yosa
    2017年10月21日
    14人がナイス!しています
  • ほとんどは主人公の妄想のお話。どう解釈すれば良いんだろう?リアルでは何も起こっていないのかもしれない。もしくは何も知らないだけなのかもしれない。妄想だけが膨らんで、勝手に突っ走る。いや、本当は全く先に ほとんどは主人公の妄想のお話。どう解釈すれば良いんだろう?リアルでは何も起こっていないのかもしれない。もしくは何も知らないだけなのかもしれない。妄想だけが膨らんで、勝手に突っ走る。いや、本当は全く先に進んでいない?進んだつもりが実は置いていかれている。俯瞰しているつもり。ホントは何も見えていない。強制解除。気付いて良かったよ。/どんなに想っていたって、言葉がなければ伝わらない。前に進むために言葉を取り戻した選択は間違っていないと思います。/九童環はあの人?黙視は解除されたのだから、素直にそう考えています。 …続きを読む
    ハッピーハートの樹
    2017年08月21日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品