記憶の渚にて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
496
ISBN:
9784041025277

記憶の渚にて

  • 著者 白石 一文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
496
ISBN:
9784041025277

あなたの記憶は、あなただけのものですか? 記念碑的エンタメ巨篇!

あなたの記憶は、あなただけのものですか?
記憶の概念を揺さぶる、記念碑的エンタメ巨篇。直木賞作家による全身全霊900枚!


――記憶こそが私たちのすべて。
国際的に著名な作家だった兄が謎の死を遂げた。
古賀純一は兄の遺品の中から謎の遺書と『ターナーの心』と題された随筆を発見する。我が家の歴史を綴ったその文章は、記憶とは大きく食い違うデタラメばかり。偽装された文章は兄の死となにか繋がりがあるのか? 兄の死の真相に迫る古賀を待つ、謎、謎、謎――。
日本からイギリスへ。海を跨ぎ、150年の時を越える一族の記憶に導かれ、すべての謎が一つの像を結ぶとき、予想だにしない圧巻のラストが立ち現れる!

この不確かな世界を生き抜く力となる、最新傑作長篇。

「小説の限界に挑んだ、私の作家人生を賭けた作品。
私の読者も、そうでない方も、私の小説が嫌いな方も、とにかく読んで下さい。」白石一文

☆本書に寄せられた推薦の声☆
「これまでの白石作品のなかで最も立体的で謎に満ちた物語。 ひとりでも多くの人に読んでほしいです。」 森絵都氏(作家) 「本の旅人」7 月号より
「小説だからこそ生まれた大胆な“仮説”。作者の物語る力に思わず引き込まれた。」 養老孟司氏(解剖学者)
「壮大かつダイナミック。先読み不可能な白石一文の新たな傑作!」 池上冬樹氏(文芸評論家)「本の旅人」7 月号より
「記憶」のあり方を疑ったとき、人生の意味そのものが大きく変わる。いくつもの謎に込められた意味が次々に明かされるクライマックスには鳥肌が立った。大胆な仮説をもとに私たちの認識を問う、おそるべき野心作。読後、世界が一変して見えるだろう。」 タカザワケンジ氏(書評家・ライター)

おすすめコメント

これまでの白石作品のなかで最も立体的で謎に満ちた物語。
ひとりでも多くの人に読んでほしいです。

――森絵都(作家)「本の旅人」7月号より


小説だからこそ生まれた大胆な“仮説”。
作者の物語る力に思わず引き込まれた。

――養老孟司(解剖学者)


壮大かつダイナミック。
先読み不可能な白石一文の新たな傑作!

── 池上冬樹(文芸評論家)「本の旅人」7月号より

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「記憶の渚にて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 白石一文は新作中心に読んでいる作家です。500P弱、一気読みしました。人の記憶ほど曖昧な物はないですが、それに宗教が絡むと更に怪しくなるんでしょうネ。これだけ精神性を維持するのに大変な時代だと、作家の 白石一文は新作中心に読んでいる作家です。500P弱、一気読みしました。人の記憶ほど曖昧な物はないですが、それに宗教が絡むと更に怪しくなるんでしょうネ。これだけ精神性を維持するのに大変な時代だと、作家の皆さんは宗教をテーマにした作品に向かうのでしょうか?白石一文版「教団X」として認識しました。 …続きを読む
    starbro
    2016年07月27日
    139人がナイス!しています
  • 第一部は、あれ?と思うところもあるも、引き込まれるように読んだ。しかし、二部からはあまりにも現実離れしていて…。タイトルを思えばそういう展開もあるのだろうが、しかし、それで白石さんが何を描きたかったの 第一部は、あれ?と思うところもあるも、引き込まれるように読んだ。しかし、二部からはあまりにも現実離れしていて…。タイトルを思えばそういう展開もあるのだろうが、しかし、それで白石さんが何を描きたかったのかがよくわからない。宗教団体や、意識の継承などは、どのようにも持っていけるのではないかと。白石さんのかつての作品を読んで、それを期待されている方には、おすすめできないなと思います。 …続きを読む
    ケイ
    2016年11月04日
    135人がナイス!しています
  • ファンタジーのような不思議な世界が展開されていました。スピリチュアル系の物語と言ってもいいと思います。根底にあるのは「私とは一体何か」という哲学的な考えのような気がしました。有名作家と宗教団体の関係の ファンタジーのような不思議な世界が展開されていました。スピリチュアル系の物語と言ってもいいと思います。根底にあるのは「私とは一体何か」という哲学的な考えのような気がしました。有名作家と宗教団体の関係の謎に迫りながら、「生命とは記憶である」という主張が至る所にめぐらされていたような気がします。謎が明らかになったのか曖昧なのが消化不良感ですが、独特の雰囲気は嫌いではないです。 …続きを読む
    優希
    2017年05月21日
    104人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

登場人物が、どこでどうかかわってくるのか、まるでパズルをはめていくように、緊張しつつ丁寧に読み進めました。最初から最後まで暗闇の迷路を彷徨っている感じで、なかなか先が見えないとやきもきしたりもしましたが、それでも奥へ奥へと引きづりこまれてしまったようです。――rinco

白石一文の小説は目が話せなくなる。
圧倒的に実力があり、評価も得ており、それがゆえ冴えていて、貪欲なのに、冷静で欲がないように見える登場人物。
こんなに圧倒的で印象的なのに、目が話せなくなるのは誰もがどこかしらその自尊心に満ちた登場人物に投影できる自分を見るからであろう。――らっきょ

今まで読んだ小説の中で一番、読み終わってすぐにまた読み返したくなる作品でした。
単に謎解きというより、記憶や事実の中に漂って紐解いていく感覚を味わえました。
まず次は登場人物のつながりを把握できるように読み返そうと思いますが、二回目の後もきっとまた別の角度で読み返したくなると思います。――迷子

著者紹介

白石 一文(しらいし・かずふみ)

1958年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。文芸春秋に勤務していた2000年、『一瞬の光』を刊行。各紙誌で絶賛され、鮮烈なデビューを飾る。09年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞を、翌10年には『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞。巧みなストーリーテリングと生きる意味を真摯に問いかける思索的な作風で、現代の日本文学シーンにおいて唯一無二の存在感を放っている。『不自由な心』『すぐそばの彼方』『私という運命について』『神秘』『愛なんて嘘』『ここは私たちのいない場所』『光のない海』など著作多数。
★デビュー作『一瞬の光』は累計35万部を突破し、WOWOWにてドラマ化された『私という運命について』(主演:永作博美/角川文庫)は累計30万部とそれぞれロングセラーを記録しています。

最近チェックした商品