試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041073070

記憶の渚にて

  • 著者 白石 一文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041073070

小説の限界に挑む超大作! 直木賞作家、全身全霊の900枚。

世界的ベストセラー作家の兄の不審死と遺された謎だらけの随筆。記憶とは食い違う原稿の真実が明かされるとき、“世界”は大きく揺らぎはじめる――。

推薦コメント

これまでの白石作品のなかで最も立体的で謎に満ちた物語。
ひとりでも多くの人に読んでほしいです。
── 森絵都(作家)「本の旅人」7月号より

小説だからこそ生まれた大胆な“仮説”。
作者の物語る力に思わず引き込まれた。
── 養老孟司(解剖学者)

壮大かつダイナミック。
先読み不可能な白石一文の新たな傑作!
── 池上冬樹(文芸評論家)「本の旅人」7月号より

「記憶」のあり方を疑ったとき、人生の意味そのものが大きく変わる。
いくつもの謎に込められた意味が次々に明かされるクライマックスには鳥肌が立った。
大胆な仮説をもとに私たちの認識を問う、おそるべき野心作。
読後、世界が一変して見えるだろう。
── タカザワケンジ(書評家・ライター)


著者より
小説の限界に挑んだ、私の作家人生を賭けた作品。
私の読者も、そうでない方も、私の小説が嫌いな方も、とにかく読んで下さい。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「記憶の渚にて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 感想を表すのが難しい。面白いところもたくさんあるが、ついていけない、もしくはつきあっちゃいられないところもたくさん。超常現象やあらゆる偶然だけではなく、小島美樹の謎の巨乳設定とか…最後まで何故胸の事ば 感想を表すのが難しい。面白いところもたくさんあるが、ついていけない、もしくはつきあっちゃいられないところもたくさん。超常現象やあらゆる偶然だけではなく、小島美樹の謎の巨乳設定とか…最後まで何故胸の事ばかり書いてるのかなと理由を探してしまった。理由は無かった。でも「記憶」の因果と記録の関係については思わず付箋を貼るほど面白かった。白石一文って何冊も読んだがいつも感想は謎だ。 …続きを読む
    ゆきらぱ
    2019年03月04日
    38人がナイス!しています
  • 白石一文は新作を見かければ購入しているので、背表紙のあらすじをみて迷わず購入した。ただ、読み始めてすぐに既読感があり、同じ本を2冊買ってしまったことがまもなく判明。本のテーマが記憶なのに自分の記憶力の 白石一文は新作を見かければ購入しているので、背表紙のあらすじをみて迷わず購入した。ただ、読み始めてすぐに既読感があり、同じ本を2冊買ってしまったことがまもなく判明。本のテーマが記憶なのに自分の記憶力の無さを笑うしかなかった。しかも、読んだことがあるのに先のスジは思い出せないありさまで、それなりに楽しめてしまったのが余計に悲しい。肝心の感想は、今作も白石ワールドが全開。認知を越えた世界の話は小説を読む醍醐味だと実感した。 …続きを読む
    杜子春
    2019年04月02日
    34人がナイス!しています
  • 著名な作家であった兄の迅の自死を不可解に思った弟の純一は遺書や差出人不明のメールや謎の宗教団体から真相に迫っていく。第二部からは迅の義理の甥である東也が語り手となる。純一の会社のアルバイト典子も語り手 著名な作家であった兄の迅の自死を不可解に思った弟の純一は遺書や差出人不明のメールや謎の宗教団体から真相に迫っていく。第二部からは迅の義理の甥である東也が語り手となる。純一の会社のアルバイト典子も語り手となったり、話は視点を変えながら展開される。登場人物も多く複雑で混乱しそうになるが最後はそうだったのか!の連続で著者の豪腕で話を収束させている。並大抵の思考やプロットの練り方をしないとこんな物語は書けないだろう。人は自分の理解の少し上を行く思考に面白さを感じ、100%理解できないからこそ余韻を残すのだろう。 …続きを読む
    チャーミー
    2019年07月15日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

登場人物が、どこでどうかかわってくるのか、まるでパズルをはめていくように、緊張しつつ丁寧に読み進めました。最初から最後まで暗闇の迷路を彷徨っている感じで、なかなか先が見えないとやきもきしたりもしましたが、それでも奥へ奥へと引きづりこまれてしまったようです。――rinco

白石一文の小説は目が話せなくなる。圧倒的に実力があり、評価も得ており、それがゆえ冴えていて、貪欲なのに、冷静で欲がないように見える登場人物。こんなに圧倒的で印象的なのに、目が話せなくなるのは誰もがどこかしらその自尊心に満ちた登場人物に投影できる自分を見るからであろう。――らっきょ

今まで読んだ小説の中で一番、読み終わってすぐにまた読み返したくなる作品でした。
単に謎解きというより、記憶や事実の中に漂って紐解いていく感覚を味わえました。
まず次は登場人物のつながりを把握できるように読み返そうと思いますが、二回目の後もきっとまた別の角度で読み返したくなると思います。――迷子

著者紹介

写真:白石一文(しらいし・かずふみ)

白石一文(しらいし・かずふみ)

1958年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。文藝春秋に勤務していた2000年、『一瞬の光』を刊行。各紙誌で絶賛され、鮮烈なデビューを飾る。09年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞を、翌10年には『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞。巧みなストーリーテリングと生きる意味を真摯に問いかける思索的な作風で、現代日本文学シーンにおいて唯一無二の存在感を放っている。『不自由な心』『すぐそばの彼方』『私という運命について』『神秘』『愛なんて嘘』『ここは私たちのいない場所』『光のない海』など著作多数。

最近チェックした商品