お引っ越し

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041023389

お引っ越し

  • 著者 真梨 幸子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041023389

「お引っ越し」にまつわる、世にも奇妙な連作短編集

マンションの内見に来たキヨコ。ふと避難経路が気になり非常口の扉を開けると、そのまま閉じ込められてしまう。無事にでることは出来るのか……。今までありそうでなかった、引っ越しにまつわる恐怖を描く連作短編集


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お引っ越し」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「扉」「棚」「机」「箱」「壁」「紐」目次のページにこれらの文字が縦に並んでいるのを目にしただけで、何かの暗号?呪文?と思い、ん?って、目を凝らした。あ、目次かと気付き少しホッとした。目次だけでゲシュタ 「扉」「棚」「机」「箱」「壁」「紐」目次のページにこれらの文字が縦に並んでいるのを目にしただけで、何かの暗号?呪文?と思い、ん?って、目を凝らした。あ、目次かと気付き少しホッとした。目次だけでゲシュタルトが崩壊するような嫌な感じ、さすが真梨幸子。「引っ越し」をテーマにした連作短篇であるこの物語は、イヤミスというよりホラー。中森明菜のゲラッゲラッのリフレイン、ゲジゲジの描写、引出しから出てきた意味深な手紙、青いタオルハンカチ等々、恐さを煽る小道具の使い方が巧い。ホラーだけど、人間がいちばん怖い!死神もやだ! …続きを読む
    風眠
    2015年04月15日
    259人がナイス!しています
  • 半年…ゲジゲジ・・・肉まん…ヤマシタさん…プラスチック容器が…箱が…そして、どこにでも出てくるアオシマさんが…。 アオシマさんが出てくるとドキッとする。重厚さはないけどリアルな日常の怪談話をサラッと仕 半年…ゲジゲジ・・・肉まん…ヤマシタさん…プラスチック容器が…箱が…そして、どこにでも出てくるアオシマさんが…。 アオシマさんが出てくるとドキッとする。重厚さはないけどリアルな日常の怪談話をサラッと仕上げているので読みやすいです。扉と箱からの紐…あ~こわ。 …続きを読む
    JKD
    2017年12月02日
    246人がナイス!しています
  • 図書館本。連作短編ホラー集。怖いのと気持ち悪いのと、混在してました。そんなアホな!?ってところもありましたが、結構スラスラ読めて面白かったです。 図書館本。連作短編ホラー集。怖いのと気持ち悪いのと、混在してました。そんなアホな!?ってところもありましたが、結構スラスラ読めて面白かったです。
    ナイスネイチャ
    2015年06月25日
    211人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品