鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041023228

鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇

  • 編 椎名 誠
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041023228

初期「あやしい探検隊」を、写真とともに振り返る青春グラフィティ!

まだ“旅”があった時代、彼らは夜行の鈍行に乗り込み、行き当たりばったりの冒険に出た。記念すべき第一回遠征・琵琶湖合宿をはじめ、初期「あやしい探検隊」(東ケト会)を、椎名誠と沢野ひとしが写真とともに振り返る、青春グラフィティ。おなじみの面々が巻き起こす、珍事件・怪事件の数々から、「あやしい探検隊」シリーズの舞台裏が垣間見える。巻末附録として「東ケト会」の遠征隊パンフレットを収録。解説・大槻ケンヂ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • はっきり言いましょう。これは皆様におすすめできる本ではありません。古い写真を見ながら、二人のおっさんが訳わかんないことをダラダラと喋っているだけの本です。こんなのを読んで「面白い」って思うのは、初期の はっきり言いましょう。これは皆様におすすめできる本ではありません。古い写真を見ながら、二人のおっさんが訳わかんないことをダラダラと喋っているだけの本です。こんなのを読んで「面白い」って思うのは、初期のあやしい探検隊三作を読んで突如あやしい探検に目覚め、自ら鍋釜フライパンに寝袋テントを担いで野営生活をし、焚き火を囲んで、酒飲んで騒いだ大バカ者くらいしかいないでしょうね。えっ、私?もちろん面白かったです(笑)。懐かしいね〜。あの頃の怪しい探検隊が一番パワーがありましたね。★★★ …続きを読む
    サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)
    2015年04月02日
    101人がナイス!しています
  • 怪しい探検隊の初期の活動やメンバーについて、椎名さんと沢野さんが対談してるだけなんだが、そんなに深い話が出てくるでもなくさらりとしてる。初期の頃が面白かったのは、まだ皆が無名だったから。なる程。読むべ 怪しい探検隊の初期の活動やメンバーについて、椎名さんと沢野さんが対談してるだけなんだが、そんなに深い話が出てくるでもなくさらりとしてる。初期の頃が面白かったのは、まだ皆が無名だったから。なる程。読むべき所がそうあるでもなく読み終わってしまった。陰気な小安、依田セーネンといった人材が既に亡くなられていたのはショックだった。椎名さんはフライパンが好きだということはよく分かった。 …続きを読む
    ゆいまある
    2020年01月02日
    55人がナイス!しています
  • たしかA5判で出ていた本。文庫だとこんなにコンパクトになるんだ。シーナさんが初期を沢野さんと振り返った本で、あの「あやしい探検隊」時代のオモシロ回想記。みんな青年とはいえ、家庭も仕事もあるのに、よくこ たしかA5判で出ていた本。文庫だとこんなにコンパクトになるんだ。シーナさんが初期を沢野さんと振り返った本で、あの「あやしい探検隊」時代のオモシロ回想記。みんな青年とはいえ、家庭も仕事もあるのに、よくこんなキャンプ、焚火に集中できるなぁ。四人組のシーナさん、沢野さん、目黒さん、木村さんは、今でも座談会の本を出している仲間だが、シーナさんが、今では自分のことを「おじいさん」呼ばわりしているわけだから、時代の移り変わりは残酷だ。あいかわらずお元気なのがなにより。「赤マント」とは違った味も読みたくて、の衝動買い。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2015年01月30日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品