試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044094713

陰翳礼讃

  • 著者 谷崎 潤一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044094713

まあどういうぐあいになるか、試しに電灯を消してみることだ――。

陰翳によって生かされる美こそ日本の伝統美であると説いた「陰翳礼讃」。世界中で読まれている谷崎の代表的名随筆をはじめ、紙、厠、器、食、衣服、文学、旅など日本の伝統に関する随筆集。解説・井上章一

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「陰翳礼讃」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 陰翳に対しおそれとともに美を感じ、敬意を払ってきた日本古来からの美学を世にも美しい文章で語る随筆集。どの時代も新しいものの便利さに喜びを感じながらもそれによって失われた親しみのある不便さを惜しんでぶつ 陰翳に対しおそれとともに美を感じ、敬意を払ってきた日本古来からの美学を世にも美しい文章で語る随筆集。どの時代も新しいものの便利さに喜びを感じながらもそれによって失われた親しみのある不便さを惜しんでぶつくさ言うのは変わらないんだなぁ。 真面目くさった文章で真剣に猫のしっぽについて「ああいう便利なものがあったならば」と思いを語り、ハリウッド写真の「あの白い汚れ目のない歯列を見ると、何となく西洋便所のタイル張りの床を思い出すのである」なぞと嘯く。思わずくすり。谷崎氏のイメージががらっと変わった本でした。 …続きを読む
    ちなぽむ@罪と罰読みたい
    2018年05月28日
    120人がナイス!しています
  • 日本文化を問い直す随筆集ですが、憂いていることは時代が変わっても普遍なのだなと思わされました。日本の美、そこにほの暗さのある美しさを愛した人はどれだけいるでしょうか。美に対する執着心を強く感じました。 日本文化を問い直す随筆集ですが、憂いていることは時代が変わっても普遍なのだなと思わされました。日本の美、そこにほの暗さのある美しさを愛した人はどれだけいるでしょうか。美に対する執着心を強く感じました。 …続きを読む
    優希
    2016年02月24日
    84人がナイス!しています
  • 谷崎潤一郞記念館に行ったことがあるほど、「闇の美の申し子」である谷崎潤一郞が大好きな私が読んでみた。物語だけでなく、いろんな所にいろんな闇の美を見い出していて感心する。人間はもちろん、廁、建築、文楽の 谷崎潤一郞記念館に行ったことがあるほど、「闇の美の申し子」である谷崎潤一郞が大好きな私が読んでみた。物語だけでなく、いろんな所にいろんな闇の美を見い出していて感心する。人間はもちろん、廁、建築、文楽の他にも陰翳の美、闇の美を見い出している。それを考えると、谷崎潤一郞は、いや、作家というものは感受性が強いように思われる。それから、読んでると幸田露伴や泉鏡花が気になってくる。「美というものは常に生活の実際から発達するもので、暗い部屋に住むことを余儀なくされたわれわれの先祖は、いつしか陰翳を利用するに至った。」 …続きを読む
    いろは
    2017年11月26日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品