秋びより 時代小説アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041020685

秋びより 時代小説アンソロジー

  • 著者 池波 正太郎
  • 編 縄田 一男
  • 著者 藤原 緋沙子
  • 著者 岡本 綺堂
  • 著者 岩井 三四二
  • 著者 佐江 衆一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041020685

大好評! オリジナル時代小説アンソロジー第3弾!!

池波正太郎、藤原緋沙子、岡本綺堂、岩井三四二、佐江衆一……江戸の「秋」をテーマに、人気作家の時代小説短篇を集めました。縄田一男さんを編者とした大好評時代小説アンソロジー第3弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「秋びより 時代小説アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 秋を思わせる、物悲しく切ない短編集。やりきれない話が多い。佐江「解錠奇譚」が幕末の錠前師のこだわりを描き、短編の中で唯一明るい未来を描く。 秋を思わせる、物悲しく切ない短編集。やりきれない話が多い。佐江「解錠奇譚」が幕末の錠前師のこだわりを描き、短編の中で唯一明るい未来を描く。
    ドナルド@灯れ松明の火
    2015年11月25日
    27人がナイス!しています
  • 重鎮ばかりで全て面白い。岡本綺堂さんは初読み。半七捕物帳読んでみたい。縄田さん解説☆☆☆です。 重鎮ばかりで全て面白い。岡本綺堂さんは初読み。半七捕物帳読んでみたい。縄田さん解説☆☆☆です。
    朝顔
    2015年07月20日
    17人がナイス!しています
  • 池波正太郎「市松小僧始末」、藤原緋沙子「秋つばめ―逢坂・秋」、岡本綺堂「菊人形の昔」、岩井三四二「蛍と呼ぶな」、佐江衆一「解錠綺譚」の5編。最後の話に「別個の錠前を用いずに、鴨居や柱に彫った穴に桟を差 池波正太郎「市松小僧始末」、藤原緋沙子「秋つばめ―逢坂・秋」、岡本綺堂「菊人形の昔」、岩井三四二「蛍と呼ぶな」、佐江衆一「解錠綺譚」の5編。最後の話に「別個の錠前を用いずに、鴨居や柱に彫った穴に桟を差し込んで固定する方法」として落し猿・上げ猿・横猿と見ざる・言わざる・聞かざるみたいなのがでてきた。調べたら建築用語で使われていて、図もあり、コレのことを言うのかと納得。そして、いくらなんでもないだろうと思っていた「鍵」モチーフの紋もあった。ノコギリやヌンチャクみたいなデザインもあり、面白かった。 …続きを読む
    オスカー(休眠中)
    2014年11月15日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品