棄霊島 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041020593

棄霊島 上

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041020593

浅見光彦、100事件目は壮大な「巨悪」に挑む!

九州へと向かうフェリーで、光彦と出会った元刑事の後口が、静岡の御前崎の海岸で死体となって発見された。彼は三十年前に長崎・軍艦島で起きた連続変死事件を追っていた。光彦は、後口の足跡を辿るが――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「棄霊島 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりに読む内田康夫の浅見光彦旅情ミステリー。舞台のなるのは“明治日本の産業革命遺産”の登録勧告された軍艦島。炭坑の島として栄え現在では炭坑の廃墟となっている。光彦が殺人事件を追っているが、当時の労 久しぶりに読む内田康夫の浅見光彦旅情ミステリー。舞台のなるのは“明治日本の産業革命遺産”の登録勧告された軍艦島。炭坑の島として栄え現在では炭坑の廃墟となっている。光彦が殺人事件を追っているが、当時の労働者として…みたいなことが描かれている。歴史問題を扱っている内容。世界遺産登録についてになりますが、私が知る限り朝鮮は清を頼りにせず自ら日本側の保護下に入ったと思うのだけど、韓国がこれに反対する理由が分からない。 …続きを読む
    宇宙そら
    2015年05月06日
    9人がナイス!しています
  • プロローグを読み返して、最初に30年前の被害者が出てきていることに気付きました。内田氏のお話はたいていプロローグから始まります。何の意味があるのかわからないプロローグもありますがこの本では結構意味があ プロローグを読み返して、最初に30年前の被害者が出てきていることに気付きました。内田氏のお話はたいていプロローグから始まります。何の意味があるのかわからないプロローグもありますがこの本では結構意味がありました。で、現代の被害者と光彦が知り合うわけですが、事件が起こるまでのスピードが遅い。何の話じゃこりゃ。みたいな。長崎旅行記かいな。と思いましたが、事件が起きてからは結構面白い。棄教とかね。遠藤周作氏の沈黙とか思い出してワクワクしていましたが、上巻終りの方で、何だそんな普通の事だったんだとがっかり。 …続きを読む
    ヘルニア
    2020年04月06日
    8人がナイス!しています
  • 長崎と静岡が事件の舞台。静岡での殺人事件は、30年前に軍艦島で起きた事件がきっかけと睨んだ浅見は長崎・軍艦島で何が起きたかを突き止める。ここで上巻の終わり。世界遺産になって話題の軍艦島が登場し、まさに 長崎と静岡が事件の舞台。静岡での殺人事件は、30年前に軍艦島で起きた事件がきっかけと睨んだ浅見は長崎・軍艦島で何が起きたかを突き止める。ここで上巻の終わり。世界遺産になって話題の軍艦島が登場し、まさに今読むのにぴったりの本。10年以上前に軍艦島を取り上げるとは、内田先生あっぱれですね。ということで、下巻を読みます。評価はそこで。 …続きを読む
    ポインター
    2018年09月13日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品