柩の中の狂騒

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年08月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041019900

柩の中の狂騒

  • 著者 菅原 和也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年08月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041019900

その島に生者は、いらない。

希少な『透明標本』を所蔵する孤島の博物館を訪問した9人の男女。そこには『悪魔』が展示されているという。集まった参加者を待ち受けていたのは、恐るべき惨劇の幕開けだった──。書き下ろし孤島ミステリ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「柩の中の狂騒」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 無人島の標本博物館を舞台にしたホラーミステリー。なんでもありの後半が面白かった。 無人島の標本博物館を舞台にしたホラーミステリー。なんでもありの後半が面白かった。
    らむり
    2014年12月10日
    55人がナイス!しています
  • いくら孤島だからって、警察に通報しない選択なんてあり得ないでしょう?っていう無理やりなクローズドサークル設定!その強引さにもちゃんとワケがあるのだけど、中盤まで、妙に細かくて説明調で、流し読み。2人目 いくら孤島だからって、警察に通報しない選択なんてあり得ないでしょう?っていう無理やりなクローズドサークル設定!その強引さにもちゃんとワケがあるのだけど、中盤まで、妙に細かくて説明調で、流し読み。2人目の死以降は一気に展開し、トータルでは楽しめた。接着剤の使い方、いろいろあるよね~ …続きを読む
    きさらぎ
    2018年03月31日
    35人がナイス!しています
  • 不気味な標本が集まる博物館のある孤島に集められた人々。いかにもわけありな人達とその中に偶然居合わせる探偵。よくありがちなミステリーもの・・・・?と思いきや2人目以降の事件が唐突であまりにも短絡的。「狂 不気味な標本が集まる博物館のある孤島に集められた人々。いかにもわけありな人達とその中に偶然居合わせる探偵。よくありがちなミステリーもの・・・・?と思いきや2人目以降の事件が唐突であまりにも短絡的。「狂騒」というタイトルには合っているけど、全体的にチープな感じがする。 …続きを読む
    ブルームーン
    2015年02月13日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品