さあ、地獄へ堕ちよう

第32回 横溝正史ミステリ大賞 <大賞>

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041102923

第32回 横溝正史ミステリ大賞 <大賞>

さあ、地獄へ堕ちよう

  • 著者 菅原 和也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041102923

横溝賞史上最年少受賞者による最凶の問題作

SMバーでM嬢として働くミチは、偶然再会した幼なじみ・タミーから《地獄へ堕ちよう》というWebサイトを教えられる。サイトに登録し、指定された相手を殺害すると報酬が与えられるというのだが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さあ、地獄へ堕ちよう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 頭蓋骨に穴を開けるブレインピアスを施す女、身体同一障害で五体満足に生まれたことに違和感を覚え自ら脚を切断する男などボディアートの雑学は盛り沢山。だが、すぐ抗うつ剤を飲む不安定な主人公が勘違いから人を殺 頭蓋骨に穴を開けるブレインピアスを施す女、身体同一障害で五体満足に生まれたことに違和感を覚え自ら脚を切断する男などボディアートの雑学は盛り沢山。だが、すぐ抗うつ剤を飲む不安定な主人公が勘違いから人を殺しまくり、ラストはなぜか爽やかに…理解不能。また、スプリットタンやリストカットを繰り返す知人が身近にいたわたしは、そんな彼女たちを物語に重ね、その生き様を見せつけられたように感じた。この作品のミステリはオマケ。アングラな人達のアポトーシス物語というべきだ。痛覚を刺激する描写が多数あるのでご注意を! …続きを読む
    うりぼう
    2019年09月06日
    75人がナイス!しています
  • 主人公はSMバーで働くM嬢。幼なじみとの偶然の再会をきっかけに「地獄へ堕ちよう」という謎の闇サイトの存在を知る事になる。アップされる無残な遺体…。このサイトの本当の目的は一体!?アングラミステリー。ゲ 主人公はSMバーで働くM嬢。幼なじみとの偶然の再会をきっかけに「地獄へ堕ちよう」という謎の闇サイトの存在を知る事になる。アップされる無残な遺体…。このサイトの本当の目的は一体!?アングラミステリー。ゲロゲロ吐くシーン、SMバーでのエグいショーのシーン多々。全身の皮膚を剥がしたり、目玉をくり抜いたり…。グロいです。かなりグロいのだけど何故だか読みやすい。ゾクゾクして仰け反ったり、恐怖に震える事がないのです。ちょっともの足らない~!!これは映像化しないでほしい。想像力をたくましくしゲロゲロするのがオススメ。 …続きを読む
    Satomi
    2016年11月08日
    64人がナイス!しています
  • 読友さんの感想から興味を持って。SM、身体/性器改造、眼球串刺し、遺体解体、警察も手出ししないアングラサイト、死体写真、特殊SNS、ピアニストのフランツ・リスト、chrysalis=蛹の切断変態実験、 読友さんの感想から興味を持って。SM、身体/性器改造、眼球串刺し、遺体解体、警察も手出ししないアングラサイト、死体写真、特殊SNS、ピアニストのフランツ・リスト、chrysalis=蛹の切断変態実験、Greekの自殺用具マーシトロン。躾、懲罰、訓練、鍛錬、規律、風紀ち意味のdiscplineの語源は「弟子を教えること」を意味するラテン語disciplena。地上の全動物中、角ば生やしとるのは例外なく草食系。行動力がありすぎるSM嬢の暴走物語。バタフライナイフ一振りで人差し指ば切断ち可能!?小指よか太いとに …続きを読む
    グレ
    2016年06月02日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

痛みに弱い私には、拷問シーンやグロテスクな表現に顔をしかめる箇所がところどころあり。かと思いきや死を軸にした内容なのにシュールでコミカルな印象を受ける箇所もありといった感じで、全体の統一感が損なわれていないのが不思議でした。ラストのシーンでは破滅的なのにも関わらず、爽快感さえ感じました。――ひなふく

全体に漂う不穏な空気は最初の一文から最後の一文まで途切れることなくつづいていました。この小説はそれだけで終わりではありません。救いようのない物語の最後には、救いようのない「光」が用意されています。だから、安心して地獄に堕ちてみることを、僕はオススメします。――わをん

「怖いもの見たさ」の言葉がぴったりです。怖いはずなのに、これ以上は見たくないはずなのに、でも知りたくて、1ページ、さらに1ページとめくり、のめりこんでゆく。映画等で経験するこの感覚を、映像のない本で感じる経験は初めてでした。――あゆみ

最近チェックした商品