角川文庫

ねこまたのおばばと物の怪たち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784041019344
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ねこまたのおばばと物の怪たち

  • 著者 香月 日輪
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784041019344

「僕とおじいちゃんと魔法の塔」の香月日輪が贈る、癒やしと勇気の物語。

継母に子供ができて家族とうまくいかなくなった舞子。学校でもいじめられ、幽霊が出るというイラズ神社にひとり行かされることに。だがそこは、ねこまたのおばばと不思議な物の怪たちが住んでいる世界で!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ねこまたのおばばと物の怪たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 継母が家に来てから、家でも学校でもうまくいかなくなった舞子が、妖怪の世界に入っていくことで、自分を取り戻していくお話。現実と地続きになった妖怪の世界の描写が非常に魅力的で、「妖怪アパート」の作者のらし 継母が家に来てから、家でも学校でもうまくいかなくなった舞子が、妖怪の世界に入っていくことで、自分を取り戻していくお話。現実と地続きになった妖怪の世界の描写が非常に魅力的で、「妖怪アパート」の作者のらしさがこの物語でも発揮されている。おばばの言葉がちと説教くさいのはご愛嬌かも。ちっちゃくて可愛いけれど、業を背負った六道坊の描写が素晴らしい。舞子が継母と和解する場面は、読者の心を強く揺さぶる。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2015年07月02日
    131人がナイス!しています
  • 児童書なのでサクサク読めました。イラズ森に棲むねこまたのおはばとふしぎな物の怪たちは、まるでジブリ映画に出てくる様でした。そして、ねこまたのおはばと物の怪との出会いによって舞子自身が少しずつ変わってい 児童書なのでサクサク読めました。イラズ森に棲むねこまたのおはばとふしぎな物の怪たちは、まるでジブリ映画に出てくる様でした。そして、ねこまたのおはばと物の怪との出会いによって舞子自身が少しずつ変わっていく様は微笑ましくもあり胸を打つものがあります。そして、子供の頃のピュアな気持ちがふっと蘇ってくる作品でした。 …続きを読む
    優花 (@⌒~⌒@)モグモグ
    2015年07月26日
    109人がナイス!しています
  • 香月作品の主人公達はあまりに簡単に自分の世界を捨てすぎる。自分を待っていてくれた世界に当然の様にあっさりと浸ってしまう。そこに一欠の余地もない。潔すぎる世界に疑問を持った矢先の訃報でした。だから舞子が 香月作品の主人公達はあまりに簡単に自分の世界を捨てすぎる。自分を待っていてくれた世界に当然の様にあっさりと浸ってしまう。そこに一欠の余地もない。潔すぎる世界に疑問を持った矢先の訃報でした。だから舞子が継母と対峙した時に『そう簡単に捨てちゃいけないものもあるんだよ』と思ったし、おばばの「自分の物語が大事なのは、みんないっしょなんよ。」の言葉に、私も自分の物語が大事で他の物語を受け入れられていないのかな?と反省したり。舞子達はいつまで、おばばの世界と関わっていけるのだろう。余り頼ってもいけないと思うのだけど。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2015年04月23日
    101人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品