砂に泳ぐ

ベストセラー『タニハピ』の著者が送る、ひとりの女性の切ない物語。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041019290

砂に泳ぐ

ベストセラー『タニハピ』の著者が送る、ひとりの女性の切ない物語。

  • 著者 飛鳥井 千砂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041019290

ベストセラー『タニハピ』の著者が送る、ひとりの女性の切ない物語。

田舎の閉塞感から逃れるため東京行きを決心した紗耶加は、ひとり暮らしを始め優しい彼もできたが、毎日の生活に徐々に違和感を抱き始め……。はい上がるひとりの女性の姿を圧倒的リアリティで描く10年の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「砂に泳ぐ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何か痛々しくて疲れた。あまり関わりたくない感じの人たちばかり。 何か痛々しくて疲れた。あまり関わりたくない感じの人たちばかり。
    takaC
    2016年05月27日
    124人がナイス!しています
  • 25歳から35歳といえば、女性にとっては何かと悩ましい10年間ではなかろうか。主人公紗耶加も、地元で就職し彼氏もいるのだけど、ふと感じる違和感と閉塞感に落ち着かない。そんな彼女が、写真を撮りはじめるキ 25歳から35歳といえば、女性にとっては何かと悩ましい10年間ではなかろうか。主人公紗耶加も、地元で就職し彼氏もいるのだけど、ふと感じる違和感と閉塞感に落ち着かない。そんな彼女が、写真を撮りはじめるキッカケのエピソードがとても好き。水色のデジカメをお守りのようにして、東京でとにかく根を張ろうと頑張る姿も。悩んだりもがいたり、大切なものを失ったりしながら。何かを変えようと都会に出てからのサクセスストーリーでありながらも、彼女の内面の成長がとてもうまく描かれていて、その成功が素直によかったと思える。 …続きを読む
    なゆ
    2015年01月08日
    110人がナイス!しています
  • 日常の閉塞感や圧迫感から脱するために仕事を辞め、恋人に見切りをつけ、上京する紗耶加の気持ちは少なからず分かる。その時点で弱々しいものの芯は強い女性だと思ったが、写真をはじめ、日々葛藤しながら強くなって 日常の閉塞感や圧迫感から脱するために仕事を辞め、恋人に見切りをつけ、上京する紗耶加の気持ちは少なからず分かる。その時点で弱々しいものの芯は強い女性だと思ったが、写真をはじめ、日々葛藤しながら強くなっていく姿は頼もしくもあった。「やさしい」の定義は難しいけれど『人にやさしくあることと、自分に酷いことをする人を「赦す」ことは違う』というところに妙に納得したし、恋に盲目になってしまい『すれ違っていることに片方が気が付いていないことが何よりすれ違っている証拠だ』というのも身の引き締まる思いがした。(iBooks) …続きを読む
    ☆ゆう☆
    2014年10月28日
    100人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品