角川文庫

砂に泳ぐ彼女

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041049563
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

砂に泳ぐ彼女

  • 著者 飛鳥井 千砂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041049563

『タイニー・タイニー・ハッピー』の著者が贈る、勇気と希望の物語。

どうして、こんなにがんばってるんだろう。

大学卒業後、地元で働いていた紗耶加は、やりがいを見つけられず息苦しい毎日を過ごすなか、思いきって東京に行くことを決心する。新しい職場で気の合う同僚に恵まれ、圭介という優しい男性にも出会うことができた。やがて圭介と半同棲をすることになった紗耶加だったが、彼の自分勝手な言動に次第に違和感を抱きはじめる。苦悩する紗耶加を救ってくれたのは、写真を撮ることだった。そして、思いがけない新たな出会いが紗耶加の運命を変えていく――。仕事や恋愛で揺れ動くひとりの女性の生き様を圧倒的リアリティで描いた、勇気と希望の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「砂に泳ぐ彼女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 傷ついて、もがいて、苦しんで、今の自分がいる。強くなったね、と言われるのも過去があるから。今を生きる女性の心理が、とてもよくわかる作品だった。 傷ついて、もがいて、苦しんで、今の自分がいる。強くなったね、と言われるのも過去があるから。今を生きる女性の心理が、とてもよくわかる作品だった。
    佐島楓@勉強中
    2017年06月29日
    64人がナイス!しています
  • 主人公・紗耶加は携帯ショップで働いていたが、気分を一新、上京し新しい職場に。仕事の合間に見つけた写真を撮るという新しい楽しみ。そしてその楽しみを仕事にすることになり、充実した日々を送っていた。それなの 主人公・紗耶加は携帯ショップで働いていたが、気分を一新、上京し新しい職場に。仕事の合間に見つけた写真を撮るという新しい楽しみ。そしてその楽しみを仕事にすることになり、充実した日々を送っていた。それなのに、よくわからない彼氏の言動は読んでいてイライラしてくる。「あなたは、いいわね、弱くて」と言い放つ紗耶加の姿はちょっとスッキリした。でもはじめからずっと出てくるミシュアルさんとの思い出の話が素敵。 …続きを読む
    ネコタ
    2018年04月18日
    36人がナイス!しています
  • 今回も若者の孤独と夢と希望を鋭く描く飛鳥井千砂さん。人に気を使ってばかりの携帯ショップの店員だった紗耶加が、幸福な出会いを重ねて、写真家として成長していく。その通奏低音は非正規労働者があふれるこの国の 今回も若者の孤独と夢と希望を鋭く描く飛鳥井千砂さん。人に気を使ってばかりの携帯ショップの店員だった紗耶加が、幸福な出会いを重ねて、写真家として成長していく。その通奏低音は非正規労働者があふれるこの国の姿、「窓口で触れ合う人間は、その商品を提供している企業の正規雇用でない人間ばかりだ。」圧倒的なリアリズムを背景に描かれる、すがすがしい物語の半分以上は、懸命に生きるが故に、人を傷つけ、傷つけられる葛藤の日々だ。脇役も本当にいそうな人々ばかりで実に上手い。写真って誰にでも撮れるけれど、個性が際立つ不思議な芸術。 …続きを読む
    エドワード
    2017年06月25日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品