さすらい

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041015636

さすらい

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041015636

亡き父を迎えに行った先で、志穂の運命が変わる……

日本から姿を消した人気作家・三宅。彼が遠い北の異国で亡くなったという知らせを受けた娘の志穂は、遺骨を受け取るため旅立つ。最果ての地で志穂を待ち受けていたものとは。異色のサスペンス・ロマン。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さすらい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今まで読んだ赤川さんの作品の中で、一番好きです。珍しくメッセージ性の強い作品で、我が国の政治に対してに警鐘を鳴らしているようにも感じられます。この手のタイプの作品はそんなに多くないと思うのですが、読了 今まで読んだ赤川さんの作品の中で、一番好きです。珍しくメッセージ性の強い作品で、我が国の政治に対してに警鐘を鳴らしているようにも感じられます。この手のタイプの作品はそんなに多くないと思うのですが、読了済の作品の中では『黒い壁』に似ていると思いました(ストーリーは全く違います)。舞台となった北欧の小さな村の雰囲気も素晴らしい。言葉が通じない設定なのでもどかしいのですが、結果的にはそれが良かったのでは。(『幽霊列車』収録の「善人村の村祭」を思い出しました)本作のような赤川さんの作品を、もっと読んでみたいです! …続きを読む
    雨音@灯れ松明の火
    2016年09月26日
    37人がナイス!しています
  • 今まで読んだ著者作品の中で一番政治に関するメッセージがこめられていた。飯城勇三さんの解説がよかった。 今まで読んだ著者作品の中で一番政治に関するメッセージがこめられていた。飯城勇三さんの解説がよかった。
    coco夏ko10角
    2015年08月29日
    23人がナイス!しています
  • 先日、読メに「重松清作品久しぶり」と書きましたが、赤川次郎さんはそれと比較にならないくらい久しぶりでした。この作品、赤川さんらしい部分もありますが、そうでない部分の方が際立っています。氏の作品には珍し 先日、読メに「重松清作品久しぶり」と書きましたが、赤川次郎さんはそれと比較にならないくらい久しぶりでした。この作品、赤川さんらしい部分もありますが、そうでない部分の方が際立っています。氏の作品には珍しく、此の国というか政治に対するメッセージが込められています。2004年の作品で、当時の小泉政権が頭に浮かびますが、幸か不幸か、現政権下で読む方がより切実さを感じます。慢心しつつ邁進する政権と少しずつ諦め、妥協する国民の行き着く先を描き出しています。村上龍氏の小説を読んだような読後感ですね。面白かったです。 …続きを読む
    niisun
    2014年12月16日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

赤川 次郎(あかがわ・じろう)

一九四八年、福岡県生まれ。七六年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズ他、『セーラー服と機関銃』『ふたり』など著書多数。二〇〇六年、第9回日本ミステリー文学大賞、一六年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

最近チェックした商品