代筆屋中川恭次郎の奇っ怪なる冒険

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041016411

代筆屋中川恭次郎の奇っ怪なる冒険

  • 著者 大塚 英志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041016411

二流文士と眼科医コンビが繰り広げる明治文壇ミステリー

代筆を生業とする中川恭次郎は、列車の中に鶯色のリボンと庇髪の少女を目撃し、愕然とした。あれは田山花袋の小説に出てくる少女ではないか。恭次郎と井上通泰は、探偵もどきの冒険に身を投じることになる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「代筆屋中川恭次郎の奇っ怪なる冒険」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者原作の漫画「黒鷺死体宅配便」のスピンオフのスピンオフ。主人公の中川恭次郎始め柳田國男の兄、井上通泰や田山花袋など実在の人物が謎の自死事件を推理する。著者の「木島日記」的なものを期待していたけど、時 著者原作の漫画「黒鷺死体宅配便」のスピンオフのスピンオフ。主人公の中川恭次郎始め柳田國男の兄、井上通泰や田山花袋など実在の人物が謎の自死事件を推理する。著者の「木島日記」的なものを期待していたけど、時代背景は近いもののまた違った感じの本でした。とはいえ実在の登場人物が憎めない人達ばかりで、その辺のコミカルなやり取りに何度も笑ってしまった。ただ根底にある柳田國男と少女、他の登場人物との関係がこの本だけでは分かりにくい。田山花袋の「野の花」を先に読んだ方がもっと楽しめたのかもしれない。それでも面白かったです。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2016年07月13日
    64人がナイス!しています
  • 明治後期の文壇を舞台にした探偵小説。主人公ではないが当時の田山花袋や岡田美知代、柳田國男等実在の作家が沢山出てくる。丁度最近、田山の蒲団をモチーフにした中島京子のFUTONを読んでいた為、相関や背景は 明治後期の文壇を舞台にした探偵小説。主人公ではないが当時の田山花袋や岡田美知代、柳田國男等実在の作家が沢山出てくる。丁度最近、田山の蒲団をモチーフにした中島京子のFUTONを読んでいた為、相関や背景はすっと入ってきた。半ば作家の道を諦め代筆を生業としていた主人公中川恭次郎は、ある日、田山の小説に出てくる少女に酷似した女を見かける。ただ、この世のものとは思えぬその美姿は直ぐに消えてしまった。恭次郎は文壇の仲間井上通泰を訪ね、その少女の謎を探ることになる。本作の様なタッチで文学史や文壇を知る事ができて楽しい⤴ …続きを読む
    dr2006
    2021年11月09日
    37人がナイス!しています
  • 本編に登場せぬ柳田国男のフィールドで踊る主人公たち。ふむ、ある意味人形浄瑠璃の如し。田山花袋の少女病ぶりもいと可笑し。大塚英志らしい作品なり。 本編に登場せぬ柳田国男のフィールドで踊る主人公たち。ふむ、ある意味人形浄瑠璃の如し。田山花袋の少女病ぶりもいと可笑し。大塚英志らしい作品なり。
    miroku
    2015年04月24日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品