流星の降る町

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041015971

流星の降る町

  • 著者 森村 誠一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041015971

巨匠・森村誠一が描く活劇サスペンス・ミステリーの傑作。

日本最大の暴力団が、企てた町の制圧作戦。前代未聞の陰謀に、元軍人や元泥棒など、第一線を退いた七人の市民が立ち上がる。逃げ続けていたそれぞれの人生の復活を賭けた闘いに、勝ち目はあるのか――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「流星の降る町」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 町全体を自分たちの首都として乗っとる計画を立てた暴力団に対して、様々な過去を持った七人の住人が、それぞれの特殊技能を駆使して立ち向かう。設定段階で有り得ない要素が多く、かなり都合のいい展開が続くんだけ 町全体を自分たちの首都として乗っとる計画を立てた暴力団に対して、様々な過去を持った七人の住人が、それぞれの特殊技能を駆使して立ち向かう。設定段階で有り得ない要素が多く、かなり都合のいい展開が続くんだけど、逆に「こいつはどういう設定だ?」って感じで、楽しみながら読めました。余韻もほとんどなく、まさにアッサリ読める一冊でした。ひねりなし。そして多分、作者は戦争用語が好きなんだろうなと感じました。笑 …続きを読む
    ラミウ
    2014年06月18日
    3人がナイス!しています
  • これが森村誠一の小説?と思う内容でした。昔読んだ推理小説のイメージが強く読み進めている最中に、森村誠一著が全くイメージできなかった。でも内容は、まあ嫌いじゃないかな。 これが森村誠一の小説?と思う内容でした。昔読んだ推理小説のイメージが強く読み進めている最中に、森村誠一著が全くイメージできなかった。でも内容は、まあ嫌いじゃないかな。
    330
    2014年06月11日
    2人がナイス!しています
  • 歴史物を現代を舞台にして描いた感じで楽しい。切ない要素も沢山だけど、力強く奮い立っていく主人公達がとても良かった。 歴史物を現代を舞台にして描いた感じで楽しい。切ない要素も沢山だけど、力強く奮い立っていく主人公達がとても良かった。
    mayumi
    2017年02月05日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品