角川文庫

数えずの井戸

足らぬから。欠けているから。永遠に満たされぬから――。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
738
ISBN:
9784041015964
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

数えずの井戸

足らぬから。欠けているから。永遠に満たされぬから――。

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
738
ISBN:
9784041015964

足らぬから。欠けているから。永遠に満たされぬから――。

数えるから、足りなくなる――。暗く冷たい井戸の端で、「菊」は何を見たのか。それは、はなかくも美しい、もうひとつの「皿屋敷」。怪談となった江戸の「事件」を独自の解釈で語り直す、傑作怪談!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「数えずの井戸」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 番屋皿屋敷といえば皿数えで有名な怪談ですが、それを大胆な解釈で新たな物語として息吹を与えていました。冷たく暗い井戸の淵で見たものが菊の亡霊を呼び出し、夜な夜な皿を数えている姿が儚くも美しかったです。足 番屋皿屋敷といえば皿数えで有名な怪談ですが、それを大胆な解釈で新たな物語として息吹を与えていました。冷たく暗い井戸の淵で見たものが菊の亡霊を呼び出し、夜な夜な皿を数えている姿が儚くも美しかったです。足りないから、欠けているから永遠に満たされない想い。無間地獄に囚われた菊の静かな哀しみがひたひたと足音と共に迫って来るようでした。怖く、凄惨なはずなのに綺麗な調べが印象的です。講談のような語り口調が独特でした。 …続きを読む
    優希
    2016年04月23日
    94人がナイス!しています
  • 文庫での再読。気はいいが少し足りないところのあるお菊に、ほっとする人も、その愚かさにも拘わらず人を惹き付けるところに激しく嫉妬する者もいる。それが悪意や悲劇をうむのだが、数える、数えないでおこる不可解 文庫での再読。気はいいが少し足りないところのあるお菊に、ほっとする人も、その愚かさにも拘わらず人を惹き付けるところに激しく嫉妬する者もいる。それが悪意や悲劇をうむのだが、数える、数えないでおこる不可解さは、この長いストーリーを支えるには少し弱くはないだろうか。解説を書いた道尾さんは、苦労したと思う。数ある京極作品の読み取りの深さと、『物語という器』という解説の題の付け方に脱帽。この本はわかりにくいが、京極さんは他の本でこんなにすごい事を言ってるんですと読者に伝えたかったのか…。 …続きを読む
    ケイ
    2014年11月22日
    92人がナイス!しています
  • とにかく、登場人物が多い。家宝の皿を割ったお菊、彼女を手打ちにした青山播磨の他にも、青山家の側用人、中間。青山播磨の遊び仲間。青山家に嫁ごうとしている娘、などなど…。そして、その片隅に、ひっそりと、ぽ とにかく、登場人物が多い。家宝の皿を割ったお菊、彼女を手打ちにした青山播磨の他にも、青山家の側用人、中間。青山播磨の遊び仲間。青山家に嫁ごうとしている娘、などなど…。そして、その片隅に、ひっそりと、ぽっかりと、井戸がある。本当に、こんなにたくさんの人物が登場する必要があるのだろうかと思いもするのだが、虚無を描くには、たくさんの人のたくさんの愚かしさが要るのかもしれない。『嗤う伊右衛門』同様、怪談をもう一段別の世界にひきあげた京極ワールド。 …続きを読む
    NAO
    2016年10月24日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品