家守

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041015933

家守

  • 著者 歌野 晶午
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041015933

住人の思惑と謎うずまく「家」をテーマにした、5つの傑作ミステリ!

何の変哲もない家で、主婦の死体が発見された。完全な密室状態だったため事故死と思われたが、捜査のうちに30年前の事件が浮上する。歌野晶午が巧みに描く「家」に宿る5つの悪意と謎――傑作推理短編集!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「家守」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 歌野さんの短編集と聞いて興味深々…「家」をテーマにした5つの話…『人形師の家で』はホラータッチで楽しめたが、ミステリとしてはモヤモヤが残った。『家守』も予想通りの結末に落ち着いて納得しつつも物足りない 歌野さんの短編集と聞いて興味深々…「家」をテーマにした5つの話…『人形師の家で』はホラータッチで楽しめたが、ミステリとしてはモヤモヤが残った。『家守』も予想通りの結末に落ち着いて納得しつつも物足りない。『埴生の宿』は歌野さんらしいトリックと切なさが漂う雰囲気が好み。『鄙』はトリックに苦しさも感じるが無医村と戦争を絡めた時代設定勝利。『転居先不明』は構成の妙で本作中で一番の出来に感じたが、一家惨殺の真犯人が透けて見えてしまったのが残念。様々な仕掛けで読者を楽しませようとする姿勢は健在で、今後も読みたい作家♬ …続きを読む
    しんたろー
    2019年09月02日
    172人がナイス!しています
  • 短編ミステリー。この作家さんは「葉桜が・・・なんちゃら」を読んだときに驚かされて今回も楽しみに読んだ。まあ、たしかに楽しめた。ただ。。なにか事件もしくは事件らしきものが起きて、謎が解けて解決し、その後 短編ミステリー。この作家さんは「葉桜が・・・なんちゃら」を読んだときに驚かされて今回も楽しみに読んだ。まあ、たしかに楽しめた。ただ。。なにか事件もしくは事件らしきものが起きて、謎が解けて解決し、その後で実は裏側ではこんなことが遠因だった。と言われても、そんなこと書いてなかったし。という印象がつきまとった。がっつり長編が好きだからそんな感想だったのかも。 …続きを読む
    小説を最初に書いた人にありがとう
    2016年04月17日
    95人がナイス!しています
  • 悪意が充ちてなかなか読み進められなかった・・3日かかってやっと読了。「埴生の宿」なんて最低の息子!なんて思うのは読み手の私が、父親である小松茂一と年齢が近いからか。「家守」も虐待からくる殺人の隠蔽で家 悪意が充ちてなかなか読み進められなかった・・3日かかってやっと読了。「埴生の宿」なんて最低の息子!なんて思うのは読み手の私が、父親である小松茂一と年齢が近いからか。「家守」も虐待からくる殺人の隠蔽で家を売る事が出来ない女と結婚した男。どいつもこいつも!と云いたくなるゲス男。「転居先不明」に至っては、つまらん男と一緒になるからよ!と怒りが。そんな本の息抜きに「鵺の絵師」に「どうらく息子」。「よく読了したよ、はつさん」とお褒め頂きたいところだが・・面白かったという読み友さんの多いこと( ;∀;) …続きを読む
    はつばあば
    2016年08月05日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品