Dの殺人事件、まことに恐ろしきは

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041085516

Dの殺人事件、まことに恐ろしきは

  • 著者 歌野 晶午
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041085516

このオチ、乱歩以上。最新テクノロジーで原典を超えるどんでん返し7連発!

"歌野晶午×江戸川乱歩――貴方を「非日常の興奮」に導く、超ミステリが誕生!

カメラマンの「私」が渋谷の道玄坂で出会い、交流するようになったのは、賢いが生意気な少年・聖也。その日も私は道玄坂のダイニングバーで聖也と話していたが、向いの薬局の様子がおかしい。駆けつけた私たちが発見したのは、カーペットの上に倒れた、上半身裸の女性だった。その後、私と聖也は事件を探り始める。しかし、私はあることに気がついてしまい、元の世界には戻れなくなっていた――(表題作)。

長崎港を訪れた「私」は、ビデオ通話で恋人に風景を見せながら旅する奇妙な男と出会う。男に誘われた路面電車での観光の車中、「私」はその恋人が、人気アイドルのヴィーナスだと明かされる。だが、2人の馴れ初めを語る男の話には、明らかにおかしな点があり……(「スマホと旅する男」)。

「人間椅子」「押絵と旅する男」「D坂の殺人事件」「お勢登場」「赤い部屋」「陰獣」「人でなしの恋」「二銭銅貨」……本格ミステリ界随一の騙しの達人が、江戸川乱歩の名作群を最先端テクノロジーでアップデートした、驚愕の翻案ミステリ短編集!"

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

「椅子? 人間!」
「スマホと旅する男」
「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」
「「お勢登場」を読んだ男」
「赤い部屋はいかにリフォームされたか?」
「陰獣幻戯」
「人でなしの恋からはじまる物語」

メディアミックス情報

NEWS

「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸川乱歩の作品をベースに、現代風にアレンジした短編7作。原作は残念ながらまだ読めてはいないものの、作家・歌野昌午の乱歩愛がひしひしと伝わってくる内容。マイベストは…決められないなぁ。7作全てにそれぞ 江戸川乱歩の作品をベースに、現代風にアレンジした短編7作。原作は残念ながらまだ読めてはいないものの、作家・歌野昌午の乱歩愛がひしひしと伝わってくる内容。マイベストは…決められないなぁ。7作全てにそれぞれの面白さがあった!巻末の解説からの一節、「本書は乱歩の世界と歌野昌午の個性が見事に融合した一冊」まさにその通りだと思う。いずれは原作を拝読の上、本書との読み比べをしたいものだ。 …続きを読む
    ナルピーチ
    2021年09月30日
    150人がナイス!しています
  • 乱歩のオマージュ短編集。どれも現代を舞台にしたミステリだけれど、かの粘りつくような嫌悪を感じさせる倒錯的な世界観が盛り込まれ、普通じゃない味わいぶりを堪能した。今どきのガジェットや技術をふんだんに用い 乱歩のオマージュ短編集。どれも現代を舞台にしたミステリだけれど、かの粘りつくような嫌悪を感じさせる倒錯的な世界観が盛り込まれ、普通じゃない味わいぶりを堪能した。今どきのガジェットや技術をふんだんに用いているのは新旧のミスマッチという著者の遊び心のように思える。スマホやAIを使うにしろ、やはり一番強烈なのは人の下卑た欲望を満たすための執念なのか。欲望の果てのオチがもたらす何とも言えない余韻に浸れた「陰獣幻戯」、ぶっ飛んだ推理合戦の果ての後味の悪さの「Dの殺人~」、「人でなしの恋~」の暗号のじいさんが印象的。 …続きを読む
    buchipanda3
    2019年11月19日
    117人がナイス!しています
  • ★★★★★江戸川乱歩の有名な作品を現代風にアレンジした7つの短編集。恥ずかしながら乱歩作品未読でして…でも知らなくてもめっちゃ面白かった!!どの話もわかりそうで完全には解き明かせないオチまでの構成がな ★★★★★江戸川乱歩の有名な作品を現代風にアレンジした7つの短編集。恥ずかしながら乱歩作品未読でして…でも知らなくてもめっちゃ面白かった!!どの話もわかりそうで完全には解き明かせないオチまでの構成がなんとも歌野さんらしくてニヤリ&満足😁オリジナルをご存知の方はさらに楽しめるんだろうな✨ネタバレしないよう元祖の作品名を列挙。『人間椅子』『押絵と旅する男』『D坂の殺人事件』『お勢登場』『赤い部屋』『陰獣』『人でなしの恋』※オリジナル既読の方も新たなミステリに出会えるはず🎵私は原作も読んでみたくなりました! …続きを読む
    ちーたん
    2019年11月08日
    85人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品