お文の影

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041013335

お文の影

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041013335

宮部時代小説の人気キャラクター勢揃い! 全6編のあやしの世界。

月光の下、影踏みをして遊ぶ子どもたちのなかにぽつんと女の子の影が。影の正体とその因縁とは。「ぼんくら」シリーズの政五郎親分とおでこの活躍する表題作をはじめ、全6編のあやしの世界。『ばんば憑き』改題。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お文の影」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮部みゆきさんの時代物6編からなる短編集。どの短編も高い水準であり読ませる。各作品に共通して怪異が登場するが、背景に流れるのは人の想いや業の恐ろしさだろう。「ばんば憑き」での若妻の顕す主人公への意地の 宮部みゆきさんの時代物6編からなる短編集。どの短編も高い水準であり読ませる。各作品に共通して怪異が登場するが、背景に流れるのは人の想いや業の恐ろしさだろう。「ばんば憑き」での若妻の顕す主人公への意地の悪さと蔑視。それを堪えて日々を過ごす主人公の姿に、私も自身の結婚生活を思い出した。「博打眼」の怪異の生まれた背景の悲しさ。そして事件の解決に息を呑む。「討債鬼」での人の業と、欲の深さの丹念な描写が読ませる。どの作品もほのかな救いがあるから読了感が良いのだと思う。宮部みゆき作品に外れなしと実感出来る作品です。 …続きを読む
    yoshida
    2018年12月08日
    245人がナイス!しています
  • 江戸の妖の世界が描かれていますが、時に怖く、時に切なく、時にホロリとさせられる様々な色がありました。どの作品も綺麗にまとまりつつも、この先を読みたいと思わされます。話にスッと入っていけるような感じが好 江戸の妖の世界が描かれていますが、時に怖く、時に切なく、時にホロリとさせられる様々な色がありました。どの作品も綺麗にまとまりつつも、この先を読みたいと思わされます。話にスッと入っていけるような感じが好きです。どこかで読んだことのあるキャラクターたちが登場したりするので楽しく読むことができました。どんな話を描いても根底に優しさがある宮部さんの時代小説、やっぱり好きです。 …続きを読む
    優希
    2015年10月21日
    97人がナイス!しています
  • 「以前に読んだ事あるなぁ」なんて思っていたら「ばんば憑き」の改題文庫本だったのね。納得!それでも短編の話の内容をあまり覚えていないせいか、新鮮だったし、ぼんくらシリーズの懐かしのメンバーに会えたりで楽 「以前に読んだ事あるなぁ」なんて思っていたら「ばんば憑き」の改題文庫本だったのね。納得!それでも短編の話の内容をあまり覚えていないせいか、新鮮だったし、ぼんくらシリーズの懐かしのメンバーに会えたりで楽しめた。これからはむやみやたらに本屋で目にとまった本を買うの止めよう(笑) …続きを読む
    レアル
    2014年10月15日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品