北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041011324

北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041011324

関東に平和をもたらすため、上杉・北条同盟に賭けた悲劇の青年武将の光芒!

関東の覇者、小田原・北条氏に生まれ、上杉謙信の養子となってその後継と目された三郎景虎。越相同盟による関東の平和を願うも、苛酷な運命が待ち受ける。己の理想に生きた悲劇の武将を描く歴史長編。

メディアミックス情報

NEWS

「北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 数奇な運命に弄ばされたかのような、上杉三郎景虎。だが、その義は死ぬまで変わらずとても清々しい。反対に、樋口与六と上杉景勝の悪人振りが際立っていたが、そんな2人もたまにはいいかな。 数奇な運命に弄ばされたかのような、上杉三郎景虎。だが、その義は死ぬまで変わらずとても清々しい。反対に、樋口与六と上杉景勝の悪人振りが際立っていたが、そんな2人もたまにはいいかな。
    ポチ
    2020年06月25日
    53人がナイス!しています
  • 相模の獅子・北条氏康の末子三郎は、激動の関東情勢の中、望む望まぬに関わらず立場を変えられていく。北条家の藩屏として立ったと思えば一転上杉謙信との同盟を証する人質へ、そして謙信の養子嗣となるも謙信の急死 相模の獅子・北条氏康の末子三郎は、激動の関東情勢の中、望む望まぬに関わらず立場を変えられていく。北条家の藩屏として立ったと思えば一転上杉謙信との同盟を証する人質へ、そして謙信の養子嗣となるも謙信の急死により凄惨な後継者争いへと。北条、上杉、武田、織田…戦国の巨人達が巻き起こす強風に翻弄される脆弱な旗のような存在であった彼は、若く青く清冽な野心を胸に大地を踏みしめる。自身の旌旗は自らの起こす風でこそ、たなびかせることを求めて。とにかく悲しい。元々そこまで好きでは無かった直江兼続がより嫌いになる一冊だった…。 …続きを読む
    あも
    2016年09月27日
    33人がナイス!しています
  • ★★★★★戦国の世の無情さに身震いした。謙信の二人の養子である景虎・景勝の家督争いを、北条家出身の景虎(北条氏康七男)を主役に据えて描く。「御館の乱」の結末は、予想がつくとはいえ、余りに残酷。義を貫く ★★★★★戦国の世の無情さに身震いした。謙信の二人の養子である景虎・景勝の家督争いを、北条家出身の景虎(北条氏康七男)を主役に据えて描く。「御館の乱」の結末は、予想がつくとはいえ、余りに残酷。義を貫く謙信の意志を引き継ぐと共に、氏康の掲げる、民の為の関東静謐を目標にする景虎。一方、上田長尾一派の権力独占を目論む景勝と樋口与六(後の直江兼続)。まだ十代に過ぎない与六の策謀により景虎の理想は潰える訳だが、その後の上杉家はかつての勢いを失い、加担した武田勝頼も滅亡への道を歩む。姉妹作「武田家滅亡」も読まねば。 …続きを読む
    Wan-Nyans
    2017年12月03日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品