角川文庫

トロイメライ

那覇の街。六粒の宝石。

  • 著者 池上 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041010396
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

トロイメライ

那覇の街。六粒の宝石。

  • 著者 池上 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041010396

那覇の街。六粒の宝石。

19世紀、琉球王朝末期の那覇の街。正義に燃える新米岡っ引きの武太は、つぎつぎと巻き起こる事件にまっすぐ向き合いながら、少しずつ大人への階段を上っていく――。琉球版・千夜一夜物語!

<琉球サーガ>三部作年表

トピックス

読者モニターレビュー

琉球王国の景色、人の動き、料理、それぞれの描写の巧みさで、自然とその物語の世界観に入っていくことができました。連作短編の形式ですが、各話の題材も琉球独特の先祖供養や冊封使が関係したりで、そのためどっぷりと物語の世界にはまることができたのかなと思いました。(としさん)

池上さんの小説は初めてだが、クセのない、読みやすい文体にひきこまれた。19世紀の沖縄という、なじみのない世界なのに、無理なく読み進められた。自分の信じる正義を貫こうとする主人公に、引っ張られるようにページをめくってしまう。主人公のまっすぐな性格は、もどかしさとともに爽快さも感じる。(すぅさん)

「トロイメライ」では、舞台が前作「テンペスト」の王宮から庶民の街那覇にシフトされており、人の心のふれあいやつながりが池上流に描かれていて、最後までおもしろく読むことができました。一話完結の連作集なので、ディープな池上ファンだけでなく池上作品未経験者にもオススメします。(pazuさん)

著者紹介

池上 永一(いけがみ・えいいち)

1970年、沖縄県那覇市生まれ、のち石垣島へ。94年、早稲田大学在学中に『バガージマヌパナス』で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。2005年刊行の『シャングリ・ラ』はテレビアニメ化、08年刊行の『テンペスト』は舞台・映画化と大きな話題を集め、累計120万部突破の大ベストセラーとなる。

最近チェックした商品