はなとゆめ

『天地明察』『光圀伝』の異才が放つ、歴史小説第三弾!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041106044

はなとゆめ

『天地明察』『光圀伝』の異才が放つ、歴史小説第三弾!

  • 著者 冲方 丁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041106044

『天地明察』『光圀伝』の異才が放つ、歴史小説第三弾!

わたし清少納言は28歳にして、帝の后である中宮定子様に仕えることになった。華やかな内裏の雰囲気に馴染めずにいたが、17歳の定子様に漢詩の才能を認められ、知識を披露する楽しさに目覚めていく。貴族たちとの歌のやり取りなどが評判となり、清少納言の宮中での存在感は増していく。そんな中、中宮定子様の父である関白・藤原道隆が死去する。それにともない、叔父である道長が宮中で台頭していく。やがて道長と中宮定子の一族との政争に清少納言も巻き込まれていき……。
異才・冲方丁が千年の時を超えて描き上げた、平安王朝絵巻!

人物相関図

おすすめコメント

手の中で弾ける宮中の香り。
「怖がらずあなただけの花を見つけて」と
清少納言が語りかけてくる。
――末次由紀さん(漫画家、『ちはやふる』作者)

しなやかに、したたかに。
平安を生きた女性から、平成を生きる女性へ贈られるエール。
筆致は同じ女性としか思えない。
冲方節、ここに極まれり。
——有川浩氏(作家)

華を愛して花開く。夢の日々を書き残す。これが冲方丁の描く、新たなる清少納言像だ
——細谷正充氏(文芸評論家)

枕草子にまつわる様々な謎を、冲方さんは小説の中で、解決していきます。
千年前に咲いては散った大輪の華の数々が、この物語によって、鮮やかに蘇りました。
——酒井順子氏(エッセイスト)

宮中でのおもしろおかしいことを勝気な女房が綴った随筆。学校で習ったそんなイメージが一転しました。
生意気な才女でもなく、ただ時代の波に流された弱い女でもない。政争に翻弄されようとも、仕えた主人が強く生きた証を千年後までも残した。そんな忠義の人「清少納言」を描き切った傑作。
冲方さんの手によって枕草子がまったく新しい物語に見えてきました。
——ときわ書房 IY船橋店 小峰麻衣子さん

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『はなとゆめ』プロモーションビデオ

イラスト展開催記念!トークショー


「はなとゆめ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「はなとゆめ」 やうやう面白くなるかと中程、少し過ごして、期待外れの不安細くたなびきたる。 夏は夜 寝苦しき夜はさらなり。無知もなお、百人一首の歌多く載せられたる。 また、ただ一つ二つなど ほのかに記 「はなとゆめ」 やうやう面白くなるかと中程、少し過ごして、期待外れの不安細くたなびきたる。 夏は夜 寝苦しき夜はさらなり。無知もなお、百人一首の歌多く載せられたる。 また、ただ一つ二つなど ほのかに記憶に底に引っ掛かるもをかし。 うーん、ちょっと面白いとは言い難かったです! 冲方さんゴメンです。 <(^_^; …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2014年09月04日
    460人がナイス!しています
  • 中宮定子という「華」の中で短い「ゆめ」を見た清少納言の物語。一族の没落と道長の台頭により、定子の「華」はまるで桜のようにひと時の間可憐な華を咲かせ、パッと散ってしまいましたが、そのひと時を共に過ごせた 中宮定子という「華」の中で短い「ゆめ」を見た清少納言の物語。一族の没落と道長の台頭により、定子の「華」はまるで桜のようにひと時の間可憐な華を咲かせ、パッと散ってしまいましたが、そのひと時を共に過ごせたことに悲哀よりも寧ろ誇りを感じている清少納言が印象的。彼女が綴った「枕」は宮廷だけでなく、後の世まで読み続けられる名作となったのも彼女が「華」の「もののあはれ」さを彼女の鋭敏な感覚で切り取ったからではないでしょうか?一条帝の書写する「史記(敷き)」に対して「枕」という切り返し方に彼女の機転の鋭さも感じました。 …続きを読む
    もりのくまお
    2014年03月23日
    305人がナイス!しています
  • 冲方さんの作品3作目。主人公が安井算哲、徳川光圀そして清少納言と、冲方さんの時代小説を読んできたが、平安時代の時代小説を読むのは初めてだったので、新鮮に感じられた。中宮定子に仕えた清少納言の宮廷生活、 冲方さんの作品3作目。主人公が安井算哲、徳川光圀そして清少納言と、冲方さんの時代小説を読んできたが、平安時代の時代小説を読むのは初めてだったので、新鮮に感じられた。中宮定子に仕えた清少納言の宮廷生活、この時代に花開いた王朝女流文学の文化サロンの雰囲気を感じられたが、残念ながら、スケール・爽快さという点では、前2作には及ばなかったと思う。また、男性の摂関政治の権力争いは描かれているが、清少納言の一人称の作品のためか、清少納言が美化されているように思え、宮廷生活での女性達の対立に、もっと切り込んでほしかった。 …続きを読む
    hiro
    2014年01月03日
    280人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

普段あまり時代小説は読まないので、とても緊張していました。
今まで読んでいたものと比べて少しかためといいますか、時代小説ということもあり、序盤は少し戸惑いましたが、読めば読むほど作品に引き込まれていく感覚でした。
——弐仁 さん (学生)

江戸を舞台にした時代小説は何冊か読んだことがあるものの、平安時代を舞台にしたものは初めてでした。あまりなじみのない世界観だったもののすっと本の中に入り込めたと思います。
——紐メガネ さん (学生)

清少納言の頭の回転の良さ、定子の優しい人間性。 私はこの二人の求めあう関係がとても好きだ。 定子という人間の優しさや気遣いは何処から生まれたものなのだろう。
——yuyu さん (自営業)

著者紹介

冲方丁(うぶかた・とう)

1977年岐阜県生まれ。96年、大学在学中に「黒い季節」で第1回スニーカー大賞金賞受賞しデビュー。2003年、「マルドゥック・スクランブル」で第24回日本SF大賞を受賞。09年初の歴史小説「天地明察」を刊行、第31回吉川英冶文学賞新人賞、第7回本屋大賞を受賞。2012年、「光圀伝」で第3回山田風太郎賞を受賞。冲方丁 ぶらりずむ黙契録

この著者の商品

最近チェックした商品