つれづれ、北野坂探偵舎 著者には書けない物語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041011232

つれづれ、北野坂探偵舎 著者には書けない物語

  • 著者 河野 裕
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041011232

小説家&編集者コンビが解き明かす、幽霊と物語で彩られた極上ミステリ!

大学生ユキが出会ったのは、演劇サークルに所属する大野さんと、シーンごとにバラバラとなった脚本に憑く幽霊の噂。「解決しちゃいませんか?」とユキは持ちか けるが、駆り出されるのはもちろんあの2人で……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「つれづれ、北野坂探偵舎 著者には書けない物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前回よりも謎解き要素が上がっているし登場人物の秘密が明かされたりと色々と良かったです。今回のは散らばっていたピースがはまっていき最後の結末へと向かうので前回と違って妙なもやもやが少なかったです。割と真 前回よりも謎解き要素が上がっているし登場人物の秘密が明かされたりと色々と良かったです。今回のは散らばっていたピースがはまっていき最後の結末へと向かうので前回と違って妙なもやもやが少なかったです。割と真っ当にミステリーしてたのが良かった。舞台が神戸の割にあんま生かせてないのがちょっと残念ですが。しかしユキちゃんの存在感が一気に薄くなったなぁ。 …続きを読む
    まりも
    2014年08月07日
    58人がナイス!しています
  • シリーズ第二弾。設定を使い切った物語を生み出すストーリーテラーと、そのストーリーに突っ込みを入れていく編集者の掛け合いが楽しい。ボケとツッコミのような楽しさも感じますが、そこに幽霊の存在と、各幽霊が一 シリーズ第二弾。設定を使い切った物語を生み出すストーリーテラーと、そのストーリーに突っ込みを入れていく編集者の掛け合いが楽しい。ボケとツッコミのような楽しさも感じますが、そこに幽霊の存在と、各幽霊が一つだけ持つ特殊能力っていう設定を加えることでストーリーの選択肢を拡げることに成功しています。\大勢の人に見られている幽霊は偽物の可能性が高い\→\姿を見せる、という心霊現象を起こせる幽霊の場合、この状況が発生する可能性はある\と、いう流れとかは素敵です。 …続きを読む
    hnzwd
    2014年01月15日
    54人がナイス!しています
  • シリーズ2作目。ちょっぴり難解な前作の設定を覚えているうちに読もうと決意。前作の続きかなーと思っていたら、違った。順番がわからない演劇の脚本を正しい順番にして、さらに内容を付け加えるといった内容。なる シリーズ2作目。ちょっぴり難解な前作の設定を覚えているうちに読もうと決意。前作の続きかなーと思っていたら、違った。順番がわからない演劇の脚本を正しい順番にして、さらに内容を付け加えるといった内容。なるほど、難解。しかも、やっぱり幽霊が関係してくる。うーん、全部が理解できない感じが逆に癖になりそうな予感。意味不明だ・・・。2013年12月、角川文庫。 …続きを読む
    あむぴの
    2016年05月15日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品