つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041010044

つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない

  • 著者 河野 裕
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041010044

お前の推理は全ボツだ――サクラダリセットの河野裕、新シリーズ登場!

異人館が立ち並ぶ神戸北野坂の小さなカフェ「徒然珈琲」にはいつも、背を向け合って座る二人の男がいる。一方は元編集者の探偵で、一方は小説家だ。物語を創るように議論して事件を推理するシリーズ第1弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

あらすじ動画


「つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文章は読みやすいけどミステリーとしては微妙。ストーリーテラーと元編集の探偵が幽霊が抱えた未練を解決していく話。日常モノミステリーとは違った不思議な読後感がありましたがちょっと強引すぎる展開だったような 文章は読みやすいけどミステリーとしては微妙。ストーリーテラーと元編集の探偵が幽霊が抱えた未練を解決していく話。日常モノミステリーとは違った不思議な読後感がありましたがちょっと強引すぎる展開だったような気もします。まぁこういう暖かい感じの作品は好きなので良いんですけどね。雨坂、佐々波の関係性も変なのになんかしっくりする感じがしたりと癖のある作品でした。 …続きを読む
    まりも
    2014年08月06日
    104人がナイス!しています
  • ちょっとオカルトっぽい要素も含みつつのほのぼのしたミステリーかと思いきや、ちょっと毛色が違うぞ、という印象。最後までその感じを引きずりつつ読みました。或いは探偵物というよりも作家物、と呼ぶべきなのかも ちょっとオカルトっぽい要素も含みつつのほのぼのしたミステリーかと思いきや、ちょっと毛色が違うぞ、という印象。最後までその感じを引きずりつつ読みました。或いは探偵物というよりも作家物、と呼ぶべきなのかもしれません。ハッピーエンドの形を変えるストリーテラーとそれをサポートするストーリーセラーの物語。『良いぜ~』の台詞は河野さんが自分自身に言い聞かせている信条なのかなと思いつつ読みました。いつも自分自身に問いかけ、挑戦している。まずいケーキを焼くみたいに。失敗する事も前提に。それでも書かねばならぬ魂があるから。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火1124亡羊會
    2015年03月12日
    97人がナイス!しています
  • どうもうまくイメージが湧かず読むのに時間がかかり、少々お疲れ。小説家雨坂、元編集者で「徒然珈琲」オーナーで探偵で幽霊の見える佐々波の元に、死んだ友人と約束した本を探してほしいと依頼してきた女子高生ユキ どうもうまくイメージが湧かず読むのに時間がかかり、少々お疲れ。小説家雨坂、元編集者で「徒然珈琲」オーナーで探偵で幽霊の見える佐々波の元に、死んだ友人と約束した本を探してほしいと依頼してきた女子高生ユキ。雨坂のプロット立てたストーリーと佐々波と幽霊の会話で得る情報等で謎を解決…なんだろうけど、理屈をつらつら述べてるような感じでスッキリしない。ミステリ?幽霊モノ?2人の関係性重視?なんだかごちゃごちゃ感あり。「紫の指」の謎を残し、雨坂と佐々波の過去に何かありそうだし、シリーズ物だし読んでみてもいいかな…程度? …続きを読む
    りゅう☆
    2016年05月19日
    87人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品