冬ごもり 時代小説アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041011447

冬ごもり 時代小説アンソロジー

  • 著者 池波 正太郎
  • 編 縄田 一男
  • 著者 宮部 みゆき
  • 著者 松本 清張
  • 著者 南原 幹雄
  • 著者 宇江佐 真理
  • 著者 山本 一力
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041011447

江戸の冬を舞台にした、とっておきの時代小説アンソロジー!

本所の蕎麦屋に、正月四日、毎年のように来る客。彼の腕にはある彫りものが……/「正月四日の客」池波正太郎ほか、宮部みゆき、松本清張など人気作家がそろい踏み!冬がテーマの時代小説アンソロジー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冬ごもり 時代小説アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み始めると既読だったのがわかる。南原さんは初めてだったが、6人の豪華な作家陣の短編集。どれも良かった。良いのはいつ読んでもいいなぁ。今回『正月四日の客』が心に残ったが次に再読したら又、違うのが残るの 読み始めると既読だったのがわかる。南原さんは初めてだったが、6人の豪華な作家陣の短編集。どれも良かった。良いのはいつ読んでもいいなぁ。今回『正月四日の客』が心に残ったが次に再読したら又、違うのが残るのかもしれない・・ …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年08月17日
    113人がナイス!しています
  • 時代小説アンソロジー。意外にも宮部みゆきさんは初読みでしたが、面白かったです。同じく時代小説アンソロジー「夏しぐれ」も積んであるので、夏になったら読もう。 時代小説アンソロジー。意外にも宮部みゆきさんは初読みでしたが、面白かったです。同じく時代小説アンソロジー「夏しぐれ」も積んであるので、夏になったら読もう。
    小梅
    2014年03月27日
    50人がナイス!しています
  • 冬をテーマにした時代小説アンソロジー。宮部みゆきは知ってたけど松本清張が時代小説を書いてたなんてびっくり。時代小説はあまり読んだことがなかったけど、どの話しも読みやすく、ちょっとしんみりする後味で江戸 冬をテーマにした時代小説アンソロジー。宮部みゆきは知ってたけど松本清張が時代小説を書いてたなんてびっくり。時代小説はあまり読んだことがなかったけど、どの話しも読みやすく、ちょっとしんみりする後味で江戸の年末年始を感じさせ、今とは違う世界を覗けて良かった。\甲府在番\とか\留め場\なんて聞いたこともない語句も出てきて勉強になった。山本一力の「永代橋帰帆」は忠臣蔵異聞で泣けてきそうないいお話。これを機にもっと時代小説を読んでみたくなった。 …続きを読む
    kiyoka
    2019年01月07日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品