冬ごもり 時代小説アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041011447

冬ごもり 時代小説アンソロジー

  • 著者 池波 正太郎
  • 編 縄田 一男
  • 著者 宮部 みゆき
  • 著者 松本 清張
  • 著者 南原 幹雄
  • 著者 宇江佐 真理
  • 著者 山本 一力
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041011447

江戸の冬を舞台にした、とっておきの時代小説アンソロジー!

本所の蕎麦屋に、正月四日、毎年のように来る客。彼の腕にはある彫りものが……/「正月四日の客」池波正太郎ほか、宮部みゆき、松本清張など人気作家がそろい踏み!冬がテーマの時代小説アンソロジー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冬ごもり 時代小説アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み始めると既読だったのがわかる。南原さんは初めてだったが、6人の豪華な作家陣の短編集。どれも良かった。良いのはいつ読んでもいいなぁ。今回『正月四日の客』が心に残ったが次に再読したら又、違うのが残るの 読み始めると既読だったのがわかる。南原さんは初めてだったが、6人の豪華な作家陣の短編集。どれも良かった。良いのはいつ読んでもいいなぁ。今回『正月四日の客』が心に残ったが次に再読したら又、違うのが残るのかもしれない・・ …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年08月17日
    115人がナイス!しています
  • 時代小説アンソロジー。意外にも宮部みゆきさんは初読みでしたが、面白かったです。同じく時代小説アンソロジー「夏しぐれ」も積んであるので、夏になったら読もう。 時代小説アンソロジー。意外にも宮部みゆきさんは初読みでしたが、面白かったです。同じく時代小説アンソロジー「夏しぐれ」も積んであるので、夏になったら読もう。
    小梅@月1テーマ「呑み食い」
    2014年03月27日
    54人がナイス!しています
  • 六人の作家による冬の時代小説短編集!どれも良かったけど、やっぱり宮部みゆきの「鬼子母火」が好きかな! 六人の作家による冬の時代小説短編集!どれも良かったけど、やっぱり宮部みゆきの「鬼子母火」が好きかな!
    かずよ
    2014年04月13日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品