光秀の定理

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041105221

光秀の定理

  • 著者 垣根 涼介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041105221

戦国の世を駆け抜けた3人の男たちの軌跡を描いた著者初の歴史小説!

永禄3年、京の街角で3人の男が出会った。兵法者・新九郎、謎の坊主・愚息、浪人中の明智光秀。やがて3人は歴史の重い扉を開いていく。戦国の世に一瞬の光芒を遺した男たちの軌跡を描いた新感覚の歴史小説!

新時代の光秀像に各界から賞賛の声!!

垣根涼介さん、あなたは一体、何という歴史小説をお書きになったのですか。
この作品、その特異さで歴史小説に名をとどめることになるかもしれぬ。
――縄田一男氏(文芸評論家)

鋼の刀身で手練の剣客達をバッサバッサと切り捨てるような文章のリズム。
それはまるで音楽のよう。この小説にはBGMはいらない。
――宮沢和史氏(ミュージシャン)

歴史小説?
いやこれは、堂々とした青春小説だ。
誰も見たことがない光秀が生き生きと躍動している!
――村上隆氏(アーティスト)

巻を措く能わざる、圧倒的な面白さ。
かつて、これほどまで美しい「ベイズの定理」の応用例が存在しただろうか。
“確率論から読み解く歴史”という、前人未到の領野を切り拓く画期的小説である。
――斎藤環氏(精神科医、評論家)

境地を開拓した垣根涼介。
が、もしかしたら、彼の本分はここにあったのかもしれない。
それほどの、傑作歴史小説が誕生した。
――宅間孝行氏(俳優、監督、脚本家)

光秀の思いをふたりの友がつなぐ。
乱世に咲いた友情に胸が熱くなりました。
――山崎直子氏(宇宙飛行士)

物語に身をまかせつつ、歴史上の人物を精神分析する気分が味わえる!
――香山リカ氏(精神科医)



トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「光秀の定理」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 光秀を主人公にした歴史小説というよりは、愚息と新九郎という知と武の達人からみた光秀の人間像でした。4つの椀、そして3つの賽子の真理を核として、人間の知への欲求を描いており、合理性を求める点では同じだが 光秀を主人公にした歴史小説というよりは、愚息と新九郎という知と武の達人からみた光秀の人間像でした。4つの椀、そして3つの賽子の真理を核として、人間の知への欲求を描いており、合理性を求める点では同じだが、目的のために義理・人情を捨てた信長とできなかった光秀との違いなど、新解釈の戦国物語で面白かった。ただ、4つの椀の理論は、六角攻略の鍵となった4つの道の話と、状況や背景が違うような気がしました。大出世を遂げたが苦しそうな光秀と謙虚に気楽に生きた愚息と新九郎、どちらの生き方が幸せなのか考えされられる一冊でした。 …続きを読む
    ウッディ
    2020年06月27日
    313人がナイス!しています
  • 確率の話をどう活かしてくるのか興味を持ち続けながら読めた。でも妙経寺ルートがハズレの確率も25%もあったんだよね。六章はイマイチだった。 確率の話をどう活かしてくるのか興味を持ち続けながら読めた。でも妙経寺ルートがハズレの確率も25%もあったんだよね。六章はイマイチだった。
    takaC
    2016年02月07日
    279人がナイス!しています
  • 垣根氏の新たな挑戦である本作は、確かに挑戦的な作品。だって、光秀が主役級で、本能寺の変が描かれないことがあるか。でも、作品として成立しているのである。最初は、どう展開さるか?垣根氏の筆もどうもという感 垣根氏の新たな挑戦である本作は、確かに挑戦的な作品。だって、光秀が主役級で、本能寺の変が描かれないことがあるか。でも、作品として成立しているのである。最初は、どう展開さるか?垣根氏の筆もどうもという感があったが、それを完全に中盤から吹き飛ばすストーリー展開と筆。HPを見ると、これから歴史物に力入れるとのことで、期待。但し、理の椀の疑問は、信長が言う通り、頭蓋の裏が痒い気がした。僕の頭は固い(笑)。更に、ラストの関節的に光秀を語らせ、分析する手法に感じ入った。信長と光秀は、立ち位置がそもそも違うのである。 …続きを読む
    あすなろ
    2014年10月30日
    239人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

題名に冠された「光秀」の名だけで本書を手にしたものの、冒頭から心をしっかり掴まれ最後までひきずり込まれました。光秀のファンとしては本書のような光秀像を待っていました。史実上の人物と“愚息”と“新九郎”―そこに描かれた新たな世界観に最後まで目が離せませんでした。(ルーさん

明智光秀は、「本能寺の変」を起こした人物として有名ですが、本作は、それ以前の光秀を主として描かれています。乱世の中を実直に生きる光秀の姿に感動しました。歴史小説でありながら堅苦しさがなく、ページをめくる手が止まりませんでした。これが現代の歴史小説か!と驚きました。(HASEさん)

一旦読み始めるとあっという間に全てのページをめくってしまった。人物の描写も魅力的で、引き込まれた。歴史小説ではあるが色鮮やかで、あたかも自分が光秀の人生を駆け抜けたかのような臨場感であった。(ケイさん)

著者紹介

垣根 涼介(かきね・りょうすけ)

1966年長崎県生まれ。筑波大学卒業。2000年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞し、デビュー。
04年『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞と、史上初の三冠受賞に輝く。05年『君たちに明日はない』で山本周五郎賞を受賞。
著書に『ヒートアイランド』『ギャングスター・レッスン』『サウダージ』『借金取りの王子』『ゆりかごで眠れ』『真夏の島に咲く花は』『月は怒らない』などがある。

最近チェックした商品