光秀の定理

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041105221

光秀の定理

  • 著者 垣根 涼介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041105221

戦国の世を駆け抜けた3人の男たちの軌跡を描いた著者初の歴史小説!

永禄3年、京の街角で3人の男が出会った。兵法者・新九郎、謎の坊主・愚息、浪人中の明智光秀。やがて3人は歴史の重い扉を開いていく。戦国の世に一瞬の光芒を遺した男たちの軌跡を描いた新感覚の歴史小説!


おすすめコメント

垣根涼介さん、あなたは一体、何という歴史小説をお書きになったのですか。
この作品、その特異さで歴史小説に名をとどめることになるかもしれぬ。
――縄田一男氏(文芸評論家)

鋼の刀身で手練の剣客達をバッサバッサと切り捨てるような文章のリズム。
それはまるで音楽のよう。この小説にはBGMはいらない。
――宮沢和史氏(ミュージシャン)

歴史小説?
いやこれは、堂々とした青春小説だ。
誰も見たことがない光秀が生き生きと躍動している!
――村上隆氏(アーティスト)

新境地を開拓した垣根涼介。
が、もしかしたら、彼の本分はここにあったのかもしれない。
それほどの、傑作歴史小説が誕生した。
――石宅間孝行氏(俳優、監督、脚本家)

物語に身をまかせつつ、歴史上の人物を精神分析する気分が味わえる!
――香山リカ氏(精神科医)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「光秀の定理」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 確率の話をどう活かしてくるのか興味を持ち続けながら読めた。でも妙経寺ルートがハズレの確率も25%もあったんだよね。六章はイマイチだった。 確率の話をどう活かしてくるのか興味を持ち続けながら読めた。でも妙経寺ルートがハズレの確率も25%もあったんだよね。六章はイマイチだった。
    takaC
    2016年02月07日
    271人がナイス!しています
  • 浪人中の明智光秀が愚息という謎の坊主と貧乏侍の新九郎と偶然出会い、その後、信長のもとで出世していくまでの物語。今、この時代の描かれたドラマもいくつか見ているので、違った視点からも見ることができて興味深 浪人中の明智光秀が愚息という謎の坊主と貧乏侍の新九郎と偶然出会い、その後、信長のもとで出世していくまでの物語。今、この時代の描かれたドラマもいくつか見ているので、違った視点からも見ることができて興味深かったです。4つのお椀を使った博打の確率論のところは私にはちょっと難しく、なんとなく解ったくらいですが…(^^; …続きを読む
    れみ
    2014年07月23日
    232人がナイス!しています
  • 光秀に対する印象が変わる作品。武将として抜群に有能であり、誠実。頭がかたいという印象があったが、世渡りがうまくない不器用な男なんだなと思う。乱世の時代に、愚息・新九郎・光秀という3人の友情がとても良い 光秀に対する印象が変わる作品。武将として抜群に有能であり、誠実。頭がかたいという印象があったが、世渡りがうまくない不器用な男なんだなと思う。乱世の時代に、愚息・新九郎・光秀という3人の友情がとても良い。めっちゃ爽やかな読後感。歴史小説っぽくないので、歴史小説が苦手な方に是非読んで欲しい!! …続きを読む
    大地
    2014年04月25日
    231人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

題名に冠された「光秀」の名だけで本書を手にしたものの、冒頭から心をしっかり掴まれ最後までひきずり込まれました。光秀のファンとしては本書のような光秀像を待っていました。史実上の人物と“愚息”と“新九郎”―そこに描かれた新たな世界観に最後まで目が離せませんでした。(ルーさん

明智光秀は、「本能寺の変」を起こした人物として有名ですが、本作は、それ以前の光秀を主として描かれています。乱世の中を実直に生きる光秀の姿に感動しました。歴史小説でありながら堅苦しさがなく、ページをめくる手が止まりませんでした。これが現代の歴史小説か!と驚きました。(HASEさん)

一旦読み始めるとあっという間に全てのページをめくってしまった。人物の描写も魅力的で、引き込まれた。歴史小説ではあるが色鮮やかで、あたかも自分が光秀の人生を駆け抜けたかのような臨場感であった。(ケイさん)

著者紹介

垣根 涼介(かきね・りょうすけ)

1966年長崎県生まれ。筑波大学卒業。2000年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞し、デビュー。
04年『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞と、史上初の三冠受賞に輝く。05年『君たちに明日はない』で山本周五郎賞を受賞。
著書に『ヒートアイランド』『ギャングスター・レッスン』『サウダージ』『借金取りの王子』『ゆりかごで眠れ』『真夏の島に咲く花は』『月は怒らない』などがある。

最近チェックした商品