試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041098653

信長の原理 下

  • 著者 垣根 涼介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041098653

すべて敵だ。正義などない――。人間の根源に肉薄した、歴史小説の金字塔!

「信長を主人公にした戦国小説は無数にあるが、その中でも特異な輝きを放つ作品だ。」
――細谷正充氏(文芸評論家)

信長が天下統一へと邁進する中、織田家中では羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益ら師団長たちが苛烈な出世争いを続けていた。
が、“この世を支配する原理”によれば、5人のうちの1人は必ず働きが鈍り、おれを裏切る。いったい誰が? 
焼けつくような駆け引きは、やがて「本能寺の変」の真相へと集束する。
理想を追い求めた異端児の苦闘と内面をまったく新しい視点から抉り出し、人間の根源に肉薄した歴史小説の金字塔!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「信長の原理 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下天は夢であった。信長は時代の革命児であった。その発想力、行動力は時代を超えていた。だからこそ、旧弊に生きる人々には理解し難く、恐怖でもあった。信長の死後に天下を治めた秀吉も信長を超えることは出来なか 下天は夢であった。信長は時代の革命児であった。その発想力、行動力は時代を超えていた。だからこそ、旧弊に生きる人々には理解し難く、恐怖でもあった。信長の死後に天下を治めた秀吉も信長を超えることは出来なかった。秀吉の天下は、かつての織田家の朋輩を組下にしたものである。出自が低く、信長のような専制君主にはなり得なかった。家康の天下は幕府を開くという、朝廷の権威を借りた頼朝以来の手法である。鎖国により先進的な技術や知識を得ることを閉ざした。安寧ではある。だが、信長のような専制君主にはなり得ず。実に唸らされた力作。 …続きを読む
    yoshida
    2021年01月02日
    124人がナイス!しています
  • 信長が発見した働き蟻の「2-6-2」の原理。その原理を縦軸に、彼の部下たちの思いや物語を横軸に、新鮮な語り口による信長の一生。この原理って、今の社会にも当てはまるのかなあ。そしてそう言った原理を動かし 信長が発見した働き蟻の「2-6-2」の原理。その原理を縦軸に、彼の部下たちの思いや物語を横軸に、新鮮な語り口による信長の一生。この原理って、今の社会にも当てはまるのかなあ。そしてそう言った原理を動かしている目に見えない力があって、それが私たちが敬うところの神仏なのかなと思ったり。それをも超えようとした信長は遂に自らを滅ぼすことになる。今の私たちがしていることも同じなんじゃないのか、自然の摂理を覆えそうなんて、考えちゃいけないんじゃないかと、ふと思ってみたり。そして凡庸な私は「6」の中の一人なのよね😅 …続きを読む
    chantal(シャンタール)
    2020年11月10日
    88人がナイス!しています
  • 本能寺の変について、光秀や家臣団の葛藤も含めてしっかりと描かれており、『光秀の定理』の肩透かし感も取り返せました。動機が信長と光秀との主従関係とされていたのも説得力がありました。光秀をはじめ、林、佐久 本能寺の変について、光秀や家臣団の葛藤も含めてしっかりと描かれており、『光秀の定理』の肩透かし感も取り返せました。動機が信長と光秀との主従関係とされていたのも説得力がありました。光秀をはじめ、林、佐久間、柴田、羽柴、松永ら周辺人物の視点も絡めて信長という個性の異質さを浮かび上がらせる手法は大いに成功していると思いました。[2020-140] …続きを読む
    17
    2020年11月01日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品