信長の原理 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年09月24日
商品形態:
電子書籍

信長の原理 下

  • 著者 垣根 涼介
発売日:
2020年09月24日
商品形態:
電子書籍

すべて敵だ。正義などない――。人間の根源に肉薄した、歴史小説の金字塔!

「信長を主人公にした戦国小説は無数にあるが、その中でも特異な輝きを放つ作品だ。」
――細谷正充氏(文芸評論家)

信長が天下統一へと邁進する中、織田家中では羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益ら師団長たちが苛烈な出世争いを続けていた。
が、“この世を支配する原理”によれば、5人のうちの1人は必ず働きが鈍り、おれを裏切る。いったい誰が? 
焼けつくような駆け引きは、やがて「本能寺の変」の真相へと集束する。
理想を追い求めた異端児の苦闘と内面をまったく新しい視点から抉り出し、人間の根源に肉薄した歴史小説の金字塔!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「信長の原理 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 信長は粗暴ですぐ癇を起こし怒り出すという欠点がありその対象は織田家中の誰もが例外ではない。特に信長の最期についても、光秀に対するこのような辱めや打擲がこの実直で有能な重臣の謀叛を引き起こしたともとれま 信長は粗暴ですぐ癇を起こし怒り出すという欠点がありその対象は織田家中の誰もが例外ではない。特に信長の最期についても、光秀に対するこのような辱めや打擲がこの実直で有能な重臣の謀叛を引き起こしたともとれます。この歴史的事実について本作はさらに独自の色付けをするように新たな信長像を描くということに拘り、それが信長の考えや行動理由を実に理路整然と解説しているように思えます。この原理を念頭に置いて読むと、ずっと不可解だった松永弾正の行動にも一応の納得を得ることができ、すると今村翔吾著「じんかん」も読んでみたくなる。 …続きを読む
    Shun
    2020年10月07日
    26人がナイス!しています
  • 光秀の定理も、面白かったが。此方の信長の原理も、切り口が面白い。特に信長配下の明智光秀との辛みが面白くて、成程と感じた。人生と言うモノは思わぬことで、はかなく散るのだと思うと何となく侘しさを感じる。個 光秀の定理も、面白かったが。此方の信長の原理も、切り口が面白い。特に信長配下の明智光秀との辛みが面白くて、成程と感じた。人生と言うモノは思わぬことで、はかなく散るのだと思うと何となく侘しさを感じる。個人的なリクエストですが、自分も、あまり詳しくはない千利休の話も面白いのが書けるかも、と思った。今後の活躍に期待できる作家である。 …続きを読む
    garakuta@ゲームを遊ぶのが好きですよ
    2020年09月30日
    22人がナイス!しています
  • 信長の思考の欠陥とも言える部分を光秀や松永が看破し、本能寺へと繋がる流れにどんどん引き込まれた。秀吉など各武将がライバルの武将を評価する4章のくだりも面白かった。筆者の発想、筆致に満足。よく練られた作 信長の思考の欠陥とも言える部分を光秀や松永が看破し、本能寺へと繋がる流れにどんどん引き込まれた。秀吉など各武将がライバルの武将を評価する4章のくだりも面白かった。筆者の発想、筆致に満足。よく練られた作品。 …続きを読む
    ちいすけ
    2020年10月19日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品