光秀の定理

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041028100

光秀の定理

  • 著者 垣根 涼介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041028100

厳然たる「定理」が歴史と人生を解き明かす、全く新しい歴史小説が誕生!

【話題沸騰 『信長の原理』 の姉妹編!】

明智光秀はなぜ瞬く間に出世し、信長と相前後して滅びたのか――。

厳然たる「定理」が解き明かす、乱世と人間の本質。
各界絶賛の全く新しい歴史小説、ここに誕生!

永禄3(1560)年の京。
牢人中の明智光秀は、若き兵法者の新九郎、辻博打を行う破戒僧・愚息と運命の出会いを果たす。
光秀は幕臣となった後も二人と交流を続ける。やがて織田信長に仕えた光秀は、初陣で長光寺城攻めを命じられた。
敵の戦略に焦る中、愚息が得意とした「四つの椀」の博打を思い出すが――。
何故、人は必死に生きながらも、滅びゆく者と生き延びる者に分かれるのか。
革命的歴史小説、待望の文庫化!

解説・篠田節子


おすすめコメント

垣根涼介さん、あなたは一体、何という歴史小説をお書きになったのですか。
この作品、その特異さで歴史小説に名をとどめることになるかもしれぬ。
――縄田一男氏(文芸評論家)

鋼の刀身で手練の剣客達をバッサバッサと切り捨てるような文章のリズム。
それはまるで音楽のよう。この小説にはBGMはいらない。
――宮沢和史氏(ミュージシャン)

歴史小説?
いやこれは、堂々とした青春小説だ。
誰も見たことがない光秀が生き生きと躍動している!
――村上隆氏(アーティスト)

新境地を開拓した垣根涼介。
が、もしかしたら、彼の本分はここにあったのかもしれない。
それほどの、傑作歴史小説が誕生した。
――石宅間孝行氏(俳優、監督、脚本家)

物語に身をまかせつつ、歴史上の人物を精神分析する気分が味わえる!
――香山リカ氏(精神科医)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「光秀の定理」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あの「本能寺の変」をこれほどあっさりとスルーした光秀物を読んだのは初めてです(笑) 愚息と新九郎がなんとも魅力的、物語のひとつのテーマとなっている確率論がイマイチ理解できない私に対して信長の理解力は流 あの「本能寺の変」をこれほどあっさりとスルーした光秀物を読んだのは初めてです(笑) 愚息と新九郎がなんとも魅力的、物語のひとつのテーマとなっている確率論がイマイチ理解できない私に対して信長の理解力は流石の一言❕(笑) 新視点の時代小説、面白うございました (^_^)v …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2019年09月14日
    200人がナイス!しています
  • ちっぽけなクイズを投げかけながら展開する明智光秀の出世物語が面白い。光秀の、というよりは愚息と新九郎の物語と言った方が良いかも知れない。単なるミステリー歴史ものではなく、まったく新しい歴史エンターテイ ちっぽけなクイズを投げかけながら展開する明智光秀の出世物語が面白い。光秀の、というよりは愚息と新九郎の物語と言った方が良いかも知れない。単なるミステリー歴史ものではなく、まったく新しい歴史エンターテインメントを描く著者、垣根涼介さんはやはり凄い!そして、やはり失望させない❗️ …続きを読む
    🅼🆈½ ユニス™
    2019年05月30日
    137人がナイス!しています
  • 光秀のことをこんなに魅力的に感じたことは今までなかった。私の中にあった光秀に対する負の感情がひっくり返る。それは光秀を最後まで「十兵衛」と親しく呼ぶ、愚息と新九郎の存在によるものに他ならない。乱世をあ 光秀のことをこんなに魅力的に感じたことは今までなかった。私の中にあった光秀に対する負の感情がひっくり返る。それは光秀を最後まで「十兵衛」と親しく呼ぶ、愚息と新九郎の存在によるものに他ならない。乱世をあくまでも自由気儘に生きる二人と、そんな二人の生き様を羨ましく思いつつも、その血筋と性格により叶うことのできない光秀。これらの対比により光秀に対する親しみがわく。不器用な光秀は乱世を生き抜くことには不向きであったけれど、人としての魅力を感じられずにはいられない。数学を掛け合わせた歴史小説は新鮮で面白かった。 …続きを読む
    nico
    2019年02月05日
    137人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

題名に冠された「光秀」の名だけで本書を手にしたものの、冒頭から心をしっかり掴まれ最後までひきずり込まれました。光秀のファンとしては本書のような光秀像を待っていました。史実上の人物と“愚息”と“新九郎”―そこに描かれた新たな世界観に最後まで目が離せませんでした。(ルーさん)

明智光秀は、「本能寺の変」を起こした人物として有名ですが、本作は、それ以前の光秀を主として描かれています。乱世の中を実直に生きる光秀の姿に感動しました。歴史小説でありながら堅苦しさがなく、ページをめくる手が止まりませんでした。これが現代の歴史小説か!と驚きました。(HASEさん)

一旦読み始めるとあっという間に全てのページをめくってしまった。人物の描写も魅力的で、引き込まれた。歴史小説ではあるが色鮮やかで、あたかも自分が光秀の人生を駆け抜けたかのような臨場感であった。(ケイさん)

著者紹介

垣根 涼介(かきね・りょうすけ)

1966年長崎県生まれ。筑波大学卒業。2000年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞し、デビュー。
04年『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞と、史上初の三冠受賞に輝く。05年『君たちに明日はない』で山本周五郎賞を受賞。
著書に『ヒートアイランド』『ギャングスター・レッスン』『サウダージ』『借金取りの王子』『ゆりかごで眠れ』『真夏の島に咲く花は』『月は怒らない』などがある。

最近チェックした商品