試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044092061

戦国武将の手紙

  • 著者 二木 謙一
  • カバーデザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044092061

手紙が非日常的だった時代、武将たちは肉筆にどんな思いをしたためたのか。

秀吉の妻おねの愚痴をたしなめる信長、孫娘の病気を見舞う家康、本能寺の変の後、親友に助力を請う明智光秀――。下克上の時代、歴史の裏に隠された、武将たちの心情や意外な素顔が手紙を通して見えてくる!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「戦国武将の手紙」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 地元の大名、大友宗麟の国崩し獲得したときの手紙や織田信長のおねに対する手紙。心暖まるものから謀略を感じさせるものまで。意外と皆さん筆まめですね。 地元の大名、大友宗麟の国崩し獲得したときの手紙や織田信長のおねに対する手紙。心暖まるものから謀略を感じさせるものまで。意外と皆さん筆まめですね。
    shimaosa
    2014年06月06日
    17人がナイス!しています
  • やはり今も昔も出来る人というのは、誰に対しても細やかな心遣いができるのだなというのが、織田信長の手紙を読んでみてかんじました。その他の手紙を読んでみてもやはり苦労の質も今も昔も普遍的だというのがよくわ やはり今も昔も出来る人というのは、誰に対しても細やかな心遣いができるのだなというのが、織田信長の手紙を読んでみてかんじました。その他の手紙を読んでみてもやはり苦労の質も今も昔も普遍的だというのがよくわかりました。 …続きを読む
    ウィズ
    2013年06月25日
    13人がナイス!しています
  • 読みやすくて良かったんだけど、著者の武将の好き嫌いがほんのり伝わってきてそこは抑えて‼︎と思ってしまった(^^;; こいつ大っ嫌い‼︎とか人それぞれ意見あるだろうが、全否定して貶すことはしてはいけない 読みやすくて良かったんだけど、著者の武将の好き嫌いがほんのり伝わってきてそこは抑えて‼︎と思ってしまった(^^;; こいつ大っ嫌い‼︎とか人それぞれ意見あるだろうが、全否定して貶すことはしてはいけないと思う。(もちろんこの著者さんそんなことしてないので一般論として)どんな年表や逸話だろうがやはり先人は敬うべきだ。ここまで時代を経ても名が残っているのに良いところがひとつもないなんてそんなはずはない。そういう心持ちなので世間のイメージとは違った姿をみせてくれる手紙という史料が大好きだ。 …続きを読む
    カキ@persicape
    2015年05月31日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品