戦国武将の手紙を読む

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1991年10月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784047032187

戦国武将の手紙を読む

  • 著者 二木 謙一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1991年10月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784047032187


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「戦国武将の手紙を読む」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こないだ角川ソフィア文庫から出たものの元版。買わずに済ませる為に借りる。時系列に武将達の手紙を紹介した本で、今から20年以上前のものなので多少古い部分もあるが、良い入門書だと思う。不明にして知らなかっ こないだ角川ソフィア文庫から出たものの元版。買わずに済ませる為に借りる。時系列に武将達の手紙を紹介した本で、今から20年以上前のものなので多少古い部分もあるが、良い入門書だと思う。不明にして知らなかったが加藤光泰という武将に好感を持った。著者の人物の好みも伝わる。加藤清正って荒くれ者かと思ってたがなかなかいい奴だ。秀吉や三好長慶は優しい。漫画の『センゴク』を読んでいる私には丁度良い本でした。 …続きを読む
    2013年07月24日
    17人がナイス!しています
  • 戦国武将の手紙を紹介する本ですが時代順の構成になっているので読み進めることで戦国時代がなんとなく分かった気になれます。武将の手紙を読みながら、戦国時代の流れや主要人物を概観できる、中世史ビギナーに最適 戦国武将の手紙を紹介する本ですが時代順の構成になっているので読み進めることで戦国時代がなんとなく分かった気になれます。武将の手紙を読みながら、戦国時代の流れや主要人物を概観できる、中世史ビギナーに最適の導入書といえます。多少戦国武将について筆者のイメージで語り過ぎる感はありますが、そこは二木先生の御愛嬌って事で。 …続きを読む
    邑尾端子
    2012年06月10日
    3人がナイス!しています
  • 他の本と読み比べるとちょっと微妙……。戦国時代通史として読むにはいいと思うんだけど、登場武将の数が多すぎて掘り下げられてないので……利家が賤ヶ岳で勝家と秀吉と板挟みでつらかったとか、取り上げられている 他の本と読み比べるとちょっと微妙……。戦国時代通史として読むにはいいと思うんだけど、登場武将の数が多すぎて掘り下げられてないので……利家が賤ヶ岳で勝家と秀吉と板挟みでつらかったとか、取り上げられている手紙そのものは面白いものも多いので、ざんねん。 …続きを読む
    kiriya shinichiro
    2017年09月02日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品