かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川つばさ文庫)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川つばさ文庫) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年02月17日
商品形態:
電子書籍

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川つばさ文庫)

  • 作 万城目 学
  • 絵 たまこ
発売日:
2014年02月17日
商品形態:
電子書籍

かのこちゃんと、猫のマドレーヌ夫人のふかしぎな日常。

かのこちゃんの家の老犬、玄三郎にお嫁さんがきた! それは猫のマドレーヌ夫人。外国語(犬語)がしゃべれるおかげで一目おかれるマドレーヌと、ちょっとおかしな女の子かのこちゃんの、ちょっぴり不思議な毎日!【小学上級から ★★★】

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川つばさ文庫)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『鹿男あをによし』の鹿男の娘であるかのこちゃん。かなこちゃんもなかなか個性的なキャラクター。猫であるマドレーヌ夫人が指しゃぶりをしていた指を噛んだ時から「知恵が拓かれます」。本当は小説で読みたかった本 『鹿男あをによし』の鹿男の娘であるかのこちゃん。かなこちゃんもなかなか個性的なキャラクター。猫であるマドレーヌ夫人が指しゃぶりをしていた指を噛んだ時から「知恵が拓かれます」。本当は小説で読みたかった本作ですが、児童書しかなく…でも内容は小説と同じであることを読友さんが教えて下さり読みました。絵が可愛すぎますが、私の中でマドレーヌ夫人はもっと知的な猫のイメージです。ファンタジーですが、猫の恩返しもあったり、心がほっこりするストーリーです。結局マドレーヌ夫人はどうなったのかな? …続きを読む
    mariya926
    2018年12月20日
    93人がナイス!しています
  • ゲリラ豪雨の中、かのこちゃんの家にやってきた一匹の野良猫。マドレーヌ夫人と玄三郎夫婦、かのこちゃんの、一年ちょっとの間の日常の話。よくある動物ものとはまた違い、ちょっと不思議でホンワカとしつつも、別れ ゲリラ豪雨の中、かのこちゃんの家にやってきた一匹の野良猫。マドレーヌ夫人と玄三郎夫婦、かのこちゃんの、一年ちょっとの間の日常の話。よくある動物ものとはまた違い、ちょっと不思議でホンワカとしつつも、別れの悲しみはそれだけではないと優しく教えてくれるような読了感のある話でした。 …続きを読む
    秋製 
    2013年10月11日
    27人がナイス!しています
  • 図書館で予約していたので、受け取ってビックリ。これは子供向けに出版されたものでした。中身は万城目ワールドそのままでしたが、挿絵や不必要なルビがやはり、「雰囲気」を損なっているのは否めない。奇想天外なス 図書館で予約していたので、受け取ってビックリ。これは子供向けに出版されたものでした。中身は万城目ワールドそのままでしたが、挿絵や不必要なルビがやはり、「雰囲気」を損なっているのは否めない。奇想天外なストーリー展開と、ちょっとホロリとさせるシーンはさすが、万城目作品。子供にこの作品の本当の面白さはわかるのかしらん。 …続きを読む
    Nobuko
    2013年12月20日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品