人間処刑台 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年01月10日
商品形態:
電子書籍

人間処刑台

  • 著者 大石 圭
発売日:
2013年01月10日
商品形態:
電子書籍

暴力だけに支配された、この美しき世界よ――

網膜剥離を理由にボクシング界を去ったものの、戦いの熱気が忘れられずにくすぶっていた小鹿。彼のもとに、格闘エージェントである美女が訪れ、世界最強の男、ラムアとの一戦を持ちかける。それは、アンダーグラウンドファイトへの招待状だった――。闇のリングをまばゆく照らす光。血に飢えた観衆を熱狂させる野獣たちの死をかけた戦いが始まる。暴力だけがすべてを支配する、限りなく残酷で官能的な世界を、濃密に描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人間処刑台」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 格闘技には興味がなく、あまり観たことがないけど、一度は観戦したいと思わせる内容だった。命をかけた戦いは、観てるものを震わせ、興奮させるのだろう。背景が、表でなく、裏社会であるのが面白かった 格闘技には興味がなく、あまり観たことがないけど、一度は観戦したいと思わせる内容だった。命をかけた戦いは、観てるものを震わせ、興奮させるのだろう。背景が、表でなく、裏社会であるのが面白かった
    いっちゃん
    2014年11月06日
    9人がナイス!しています
  • うーーん。一番、まともだったと思う。 うーーん。一番、まともだったと思う。
    湊(プロフ※部分必読)
    2015年12月28日
    8人がナイス!しています
  • 久しぶりに大石先生の作品を読んだ。細かい技巧を駆使するというよりも、圧倒的な熱量で書き上げた作品という印象。アンダーグラウンド格闘技のチャンピオンに挑む日本人格闘家の闘いを描いている。ホラー文庫から出 久しぶりに大石先生の作品を読んだ。細かい技巧を駆使するというよりも、圧倒的な熱量で書き上げた作品という印象。アンダーグラウンド格闘技のチャンピオンに挑む日本人格闘家の闘いを描いている。ホラー文庫から出ているが、全くホラーではないが、闘いにかける登場人物の狂気は少し怖いかも。刃牙とかが好きな人はハマるだろう。細かいことは気にせず一気に読むべき作品かな。 …続きを読む
    大福
    2017年02月18日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品