とんずら屋請負帖 仇討

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041011249

とんずら屋請負帖 仇討

  • 著者 田牧 大和
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041011249

「とんずら屋」に現れた母子には、秘めた使命があった--。

船宿「松波屋」に新顔がやってきた。船頭の弥生が女であること、裏稼業が「とんずら屋」であることは、絶対に明かしてはならなかった。いっぽう「長逗留の上客」丈之進は、助太刀せねばならない仇討に頭を悩ませて。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「とんずら屋請負帖 仇討」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • タイトルそのままの正統派時代小説。潤いのある文体は、読者によってはベタついた文体と感じるかもしれない。松波屋に新しく奉公に来た女中とその息子と思しき少年。しかしその女中の言動は武家の娘のそれだった。弥 タイトルそのままの正統派時代小説。潤いのある文体は、読者によってはベタついた文体と感じるかもしれない。松波屋に新しく奉公に来た女中とその息子と思しき少年。しかしその女中の言動は武家の娘のそれだった。弥生こと弥吉が武家の出ということも見破られる。弥生は自分の過去とその女の過去を重ね合わせていく。セリフと心の動きで紡いでいく秘められた過去の悲劇。歌舞伎の筋立てのような展開がまさにこの小説のタイトルにふさわしい。武家と町人の埋められない溝を描いた秀作。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2014年04月09日
    74人がナイス!しています
  • 面白かったです。 御家騒動はいつの時代にもあるんだなぁと。 毎日毎日、策を練っては虎視眈々と時期をみているなんて、そんなので楽しい人生なのか? 市井の人として、心穏やかに呑気に暮らすのが一番。 弥生さ 面白かったです。 御家騒動はいつの時代にもあるんだなぁと。 毎日毎日、策を練っては虎視眈々と時期をみているなんて、そんなので楽しい人生なのか? 市井の人として、心穏やかに呑気に暮らすのが一番。 弥生さんには、ただの女将さんになって欲しいけど、そうもいかなそうな流れですね。 鈴音さん、徳松君、澤門さんの3人の行く末も穏やかなものではなさそうで、ホッとした結末とはならなかったですが。今出来る最良の結末なのでしょう。 …続きを読む
    ぶんこ
    2014年05月20日
    38人がナイス!しています
  • 新顔の女中がやってきた松波屋で新たな騒動が起こる、シリーズ2作目。ただの仇討ではなく、いろんな事情が交錯してややこしいことに。メインは若旦那、でもラスト弥吉の采配はあっぱれでした。2作を読んで、やっと 新顔の女中がやってきた松波屋で新たな騒動が起こる、シリーズ2作目。ただの仇討ではなく、いろんな事情が交錯してややこしいことに。メインは若旦那、でもラスト弥吉の采配はあっぱれでした。2作を読んで、やっと全体の登場人物の人となりが固まってきたので、これからもっと面白く読めそうです。が・・・まだ出てないのね~残念 …続きを読む
    ゆずぽん
    2018年04月11日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品