とんずら屋請負帖

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041010365

とんずら屋請負帖

  • 著者 田牧 大和
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041010365

「とんずら手伝います」。男装の船頭の裏稼業に隠された秘密とは。

「弥吉」を名乗り、男姿で船頭として働く弥生。船宿の松波屋一門として人目を忍んだ逃避行「とんずら」を手助けするが、もっとも見つかってはならないのは、実は弥生自身だった――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「とんずら屋請負帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公は西国のある藩の殿様の妾腹の娘。母が「駆け込んだ」鎌倉東慶寺で生まれ、お家騒動を逃れて母の妹が営む船宿に移り、男船頭として生活する。込み入った設定で人物紹介が長くて初めは読みづらい。お家騒動を逃 主人公は西国のある藩の殿様の妾腹の娘。母が「駆け込んだ」鎌倉東慶寺で生まれ、お家騒動を逃れて母の妹が営む船宿に移り、男船頭として生活する。込み入った設定で人物紹介が長くて初めは読みづらい。お家騒動を逃れるはずが結局は巻き込まれ、周囲を巻き込む。主人公の未熟さが事件を更に複雑にさせていく。未熟ゆえに庇いたくなる周囲の気持ちを上手に描いている。謎を残したままの部分もあるが、シリーズものの冒頭としての役割を果たしていると思えば、まずは及第点。2作目に続く。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2014年04月03日
    69人がナイス!しています
  • 船宿「松波屋」の裏稼業はとんずら屋。そこで船頭として働く弥吉は、実はわけあって男装をしている女の子、弥生。とんずら屋の仕事にお家騒動のゴタゴタが加わったお話です。シリーズ物なので謎を残したまま終わって 船宿「松波屋」の裏稼業はとんずら屋。そこで船頭として働く弥吉は、実はわけあって男装をしている女の子、弥生。とんずら屋の仕事にお家騒動のゴタゴタが加わったお話です。シリーズ物なので謎を残したまま終わっています。弥生の周りを固める登場人物たちがいいですねぇ。もしかして弥生より魅力的かも。啓次郎や進右衛門の存在は気になります。謎の仙太郎のことも次巻ではわかるのかな? 次も読んでみよう。 …続きを読む
    aoya
    2018年02月16日
    32人がナイス!しています
  • 時代劇?モノにしては軽快なタッチで読み易い。主人公・弥生兼弥吉の終盤の振る舞いに若干苛つきました。自分独りで突っ走って色んな人に心配かけて、尚且つ啓治郎に怪我させてるし。何してんの?まぁ、主要人物が誰 時代劇?モノにしては軽快なタッチで読み易い。主人公・弥生兼弥吉の終盤の振る舞いに若干苛つきました。自分独りで突っ走って色んな人に心配かけて、尚且つ啓治郎に怪我させてるし。何してんの?まぁ、主要人物が誰も死ななかったから良かったけど。弥生を取り巻く男性陣の三角?関係ににやにやしながら読めたのが楽しかったです。 …続きを読む
    青葉麒麟
    2016年03月24日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品