赤に捧げる殺意

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041006979

赤に捧げる殺意

  • 著者 有栖川 有栖
  • 著者 折原 一
  • 著者 赤川 次郎
  • 著者 太田 忠司
  • 著者 霞 流一
  • 著者 鯨 統一郎
  • 著者 西澤 保彦
  • 著者 麻耶 雄嵩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041006979

豪華執筆陣による超絶ミステリ・アンソロジー!

火村&アリスコンビにメルカトル鮎、狩野俊介など国内の人気名探偵を始め、極上のミステリ作品が集結! 現代気鋭の作家8名が魅せる超絶ミステリ・アンソロジー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「赤に捧げる殺意」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 複数作家によるアンソロジー。どこがどう「赤に捧げる」のかはよくわからない。また、どれも小粒で個々の作品として良い出来栄えのものはないので、とりあえずいろいろな作家のものを試し読みできる一冊としてとらえ 複数作家によるアンソロジー。どこがどう「赤に捧げる」のかはよくわからない。また、どれも小粒で個々の作品として良い出来栄えのものはないので、とりあえずいろいろな作家のものを試し読みできる一冊としてとらえたほうがいいかもしれない。個人的には、トリックの良し悪しは別にして、鯨統一郎氏の作品の文章が好き。あと、まさしく“安楽椅子探偵”という発想も嫌いじゃない。 …続きを読む
    徒花
    2016年08月13日
    365人がナイス!しています
  • ミステリーアンソロジー。青に~の方を読んだんでついでに読んでみる。折原さんと西澤さんのやつは既読?。有栖川さん・麻耶さんなんかが読んでいる作者さんで有名キャラの短編(多分未読?)があって面白かった。 ミステリーアンソロジー。青に~の方を読んだんでついでに読んでみる。折原さんと西澤さんのやつは既読?。有栖川さん・麻耶さんなんかが読んでいる作者さんで有名キャラの短編(多分未読?)があって面白かった。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2016年09月25日
    129人がナイス!しています
  • ミステリーのアンソロジー。タイトルとの関連は希薄なようだ。豪華な作家達なのだが4名も初読み作家。太田さんの『神影荘奇談』は雰囲気に引き込まれただけにヤラれた感が高く、良い意味で期待を裏切られた。読む本 ミステリーのアンソロジー。タイトルとの関連は希薄なようだ。豪華な作家達なのだが4名も初読み作家。太田さんの『神影荘奇談』は雰囲気に引き込まれただけにヤラれた感が高く、良い意味で期待を裏切られた。読む本のジャンルが狭いので、アンソロジーでのこういう出逢いは嬉しい。久しぶりに有栖川さんの火村シリーズにも触れて大満足。ただし、麻耶さんのこのシリーズは手をつけてないのであえて封印。有名なシリーズの初期は刊行順派なのでw。 …続きを読む
    がたやぴん
    2016年10月15日
    84人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品