鼠、剣を磨く 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

鼠、剣を磨く

  • 著者 赤川 次郎
発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

早まっちゃいけねぇ。生きてリゃ何とでもなる――。人情厚い鼠小僧が動く!

次郎吉の目前で娘が腕を斬られた。娘は峰といい、奉公先の主人と通じ、その妻の恨みをかって襲われたのだった。峰の父は、娘の不貞に激怒するが、浪人暮らしの父を思い手当てをもらっていたことを知り、言葉を失う。そして、一度は断った「ある仕事」を引き受ける決意をした。それは、武士としてのプライドを捨てるものだったが……。次郎吉こと〈鼠〉が八面六臂の活躍をする痛快時代小説シリーズ第5弾。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鼠、剣を磨く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 同じ福岡県、同世代の赤川次郎を読むのは何十年ぶりかである。その昔、デビューして間がない頃、何かの作品を読んだ。その軽妙な文体に驚いた。こんなお気楽な文体っていったいどうしたら書けるのだ。同県人、同世代 同じ福岡県、同世代の赤川次郎を読むのは何十年ぶりかである。その昔、デビューして間がない頃、何かの作品を読んだ。その軽妙な文体に驚いた。こんなお気楽な文体っていったいどうしたら書けるのだ。同県人、同世代人として、「負けた」思いがして、以来読まなくなったのだ。赤川にしては珍しい時代小説「鼠」シリーズ。3冊を二日で読めてしまうお気楽さが心地いい。本格時代小説ファンからみれば、物足らないかもしれないが。 …続きを読む
    shiozy
    2016年05月24日
    25人がナイス!しています
  • 次郎吉はクールでポーカーフェイスなイメージだったのに、巻を重ねるごとに人間味が増して来た様な気がします。お国や千草の存在がそうさせるんですね。早く次の巻が読みたい! 次郎吉はクールでポーカーフェイスなイメージだったのに、巻を重ねるごとに人間味が増して来た様な気がします。お国や千草の存在がそうさせるんですね。早く次の巻が読みたい!
    まるる
    2013年12月11日
    23人がナイス!しています
  • 一気に一巻から読んだけど、筆に時間差を感じさせないのは、さすがだなぁ。面白かった。 一気に一巻から読んだけど、筆に時間差を感じさせないのは、さすがだなぁ。面白かった。
    σ(-。-)
    2013年01月19日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品