鼠、夜に賭ける

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041005262

鼠、夜に賭ける

  • 著者 赤川 次郎
  • イラスト 宇野 信哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041005262

一筋縄ではいかない人の世のもつれを、今宵も<鼠>が解く!

〈鼠〉こと次郎吉の家に大工の辰吉が怒鳴り込んできた。自分の留守中に女房のお里が身ごもり、その父親は次郎吉だというのだ! 失踪したお里を捜すうち、意外な裏が見え始めてきた――。シリーズ第4弾!

登場人物

次郎吉(じろきち)

「表」の顔は、<甘酒屋次郎吉>と呼ばれる遊び人。しかしその「裏」の顔は、江戸で評判の<鼠>。いなせで気っ風のいい江戸っ子気質で、庶民の窮状を見過ごすことができない。

小袖(こそで)

次郎吉の妹。兄思いのしっかり者で、気立てのいい娘だが、実は小太刀の達人でもある。<鼠>である兄を助け、事件解決に一役買うこともしばしば。男勝りな性格。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鼠、夜に賭ける」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 甘酒屋次郎吉と妹の小袖の短編集6話。(初出)「鼠、夜道を行く」小説野生時代2011年4~5月号「鼠、夜に賭ける」デジタル野生時代第3~4「鼠、弓をひく」小説野生時代2011年2~3月号「鼠、分れ道に立 甘酒屋次郎吉と妹の小袖の短編集6話。(初出)「鼠、夜道を行く」小説野生時代2011年4~5月号「鼠、夜に賭ける」デジタル野生時代第3~4「鼠、弓をひく」小説野生時代2011年2~3月号「鼠、分れ道に立つ」デジタル野生時代第1~2号「鼠、うたた寝する」小説野生時代2011年6~7月号「鼠、猫に訊く」デジタル野生時代第5~6号。「※単行本化にあたって一部改題・改稿しています。」江戸時代ならそういうこともあったんだろうなという話。楽しい話があまりない。小袖のと次郎吉の万能性は赤川次郎の世界ならでは。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2012年05月23日
    82人がナイス!しています
  • 目次に猫とあったので女盗賊再登場か?と思ったら江戸版ホームズか(笑) 表紙の女性は千草さんかな? 二人とも気持ちが動き出してる感じがするから、次巻で恋が進展するといいなー♪ 目次に猫とあったので女盗賊再登場か?と思ったら江戸版ホームズか(笑) 表紙の女性は千草さんかな? 二人とも気持ちが動き出してる感じがするから、次巻で恋が進展するといいなー♪
    まるる
    2013年12月10日
    25人がナイス!しています
  • やっぱり、登場人物が賑やかになったね。女医者は、時代劇の必須条件だよね。でも、今回は、暗めの結末が多かったような。次巻は、あっけらかんとした娘の話がいいな。では、次巻。 やっぱり、登場人物が賑やかになったね。女医者は、時代劇の必須条件だよね。でも、今回は、暗めの結末が多かったような。次巻は、あっけらかんとした娘の話がいいな。では、次巻。
    σ(-。-)
    2013年01月18日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

赤川 次郎(あかがわ・じろう)

一九四八年、福岡県生まれ。七六年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズ他、『セーラー服と機関銃』『ふたり』など著書多数。二〇〇六年、第9回日本ミステリー文学大賞、一六年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

最近チェックした商品