キャラ立ち民俗学

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年03月26日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041103906

キャラ立ち民俗学

  • 著者 みうら じゅん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年03月26日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041103906

みうらじゅん的民俗学!

オレがしてきたことは“民俗学”だった。エロだろうがグッズだろうが祭りだろうが、世の中にあるすべての現象が深い! 些細なコトにも鋭い視点を注ぐ、みうらじゅん的論文エッセイ。 


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「キャラ立ち民俗学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。2007年くらいの著者のマイブームについて良くわかる本。「勝手に観光協会」という番組と関連するところが多く、楽しかったです。マニアックな視線が素敵なのです(^^)。「一人電通」というフィール 図書館本。2007年くらいの著者のマイブームについて良くわかる本。「勝手に観光協会」という番組と関連するところが多く、楽しかったです。マニアックな視線が素敵なのです(^^)。「一人電通」というフィールド上に「キャラ立ち民俗学」という、ていのいい柱が立っているーーという感じでしょうか。 …続きを読む
    鱒子
    2017年08月05日
    38人がナイス!しています
  • 車止めを見てチンチンを想起。各地のお祭りで担がれるチンチンを巡り歩く。天狗の面を収集。海女のエロスは小学生時は分からなかったが、30数年後の今になって理解。子供の頃に親に連れられて見た菊人形の恐怖。ゴ 車止めを見てチンチンを想起。各地のお祭りで担がれるチンチンを巡り歩く。天狗の面を収集。海女のエロスは小学生時は分からなかったが、30数年後の今になって理解。子供の頃に親に連れられて見た菊人形の恐怖。ゴム蛇収集の目覚め。等など。見仏記など何冊か読んだ。著者はいろんなことをやってる。本業は一体何なんだろう。 …続きを読む
    ky
    2015年05月14日
    20人がナイス!しています
  • 2008年ごろまでの著者のブームがまとまっていた一冊。サブカルの帝王が興味を持つあれこれは、民俗学だったというまとめだった。民俗学の本道からは外れるがたしかに民俗学の端っこには位置しているサブカルには 2008年ごろまでの著者のブームがまとまっていた一冊。サブカルの帝王が興味を持つあれこれは、民俗学だったというまとめだった。民俗学の本道からは外れるがたしかに民俗学の端っこには位置しているサブカルには納得。たしか、飛行機ダメだったはずじゃなかった?ゴムヘビのために海を渡るなんて、やはり欲求が人を変えるんだな、とか思ったり。やっぱり私も横に逸れた民俗学が好きだと再確認。サブカルに染まって二十年超、私の前を歩き続けるみうらさんの着地点が知りたい。 …続きを読む
    荒草ミエル
    2014年12月19日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品