その昔、君と僕が恋をしてた頃

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041007754

その昔、君と僕が恋をしてた頃

  • 著者 みうら じゅん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041007754

みうらじゅんの甘酸っぱいデビュー時代の物語。

おしゃれイラストレーターを目ざすも、うまくいかずもがく日々。糸井重里氏との出会いと卒業。あまずっぱい思いが広がる、みうらじゅんの愛と青春の80年代を描いた自伝的エッセイ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「その昔、君と僕が恋をしてた頃」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです。ほろ苦い日々をゆるくつづっていました。この人は永遠の青春の中にいるんだなと思います。50過ぎても子供なんだなとしみじみ。意外と苦労はしてきたようですが、突き抜けた考えができるのが凄いな 面白かったです。ほろ苦い日々をゆるくつづっていました。この人は永遠の青春の中にいるんだなと思います。50過ぎても子供なんだなとしみじみ。意外と苦労はしてきたようですが、突き抜けた考えができるのが凄いなと。ちょっとおセンチ、そして笑える。ダメな人間だと言われたいのかなと思ったけれど、人生について彼なりに考えているようでした。 …続きを読む
    優希
    2016年08月20日
    92人がナイス!しています
  • 「“ロックとは?”語ることではなくて、何かを起こす衝動のことじゃないのか?そんなことに気付いて、僕は28歳のとき、サングラスをかけ始めた。」このことばにぼくの全身が震えたった。なんという力をもったこと 「“ロックとは?”語ることではなくて、何かを起こす衝動のことじゃないのか?そんなことに気付いて、僕は28歳のとき、サングラスをかけ始めた。」このことばにぼくの全身が震えたった。なんという力をもったことばだろう。その後、純ははじめてのフーゾクで全裸になってもサングラスを取らず、「ヘンな子」と言われレンズにソープを山盛りつけられる。なんだろう、この胸のざわめきは。「衝動」ということばがボディーブローのように効いてくる。この感情をまだことばにできない。だけど、みうらじゅんの語ることばは、間違いなくロックなんだ。 …続きを読む
    ちぇけら
    2019年12月27日
    28人がナイス!しています
  • みうらさんの青春時代が綴られたエピソード集。最後の「何だってプレイ」が本自伝を見事に締めくくっていた。勝負とは、他人との比較で自分が置かれている立場を確認すること。他人に勝った優越感は、ちっとも他人に みうらさんの青春時代が綴られたエピソード集。最後の「何だってプレイ」が本自伝を見事に締めくくっていた。勝負とは、他人との比較で自分が置かれている立場を確認すること。他人に勝った優越感は、ちっとも他人に優しくなれずに自分を嫌悪してしまう。金は、心まで裕福にしない。心の安定と勝負が真逆のところにあるからだ。他人と比較しての金持ちはあっても他人と比較しての心の安定はない。他人と比較しない事が真の心のゆとりである。「人生は、ゲームじゃないよ。人生はプレイなんだよ。」これはみうらさんだからこそ伝わる名セリフと思う。 …続きを読む
    テディ
    2014年04月12日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品