試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041008300

モルフェウスの領域

  • 著者 海堂 尊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041008300

最新の医療技術は誰のためにある? 最先端医療ミステリー!

日比野涼子は未来医学探究センターで、「コールドスリープ」技術により眠りにつく少年の生命維持を担当している。少年が目覚める際に重大な問題が発生することに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する……。

人物相関図

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「モルフェウスの領域」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 野生時代に2009年から2010年に掲載。人工睡眠に入った子供アツシを見守る主人公涼子。人工睡眠のシステム開発者を名乗る西野。目覚めたアツシの世話をする翔子。病室のお隣さん佳菜。登場人物の透明感が,複 野生時代に2009年から2010年に掲載。人工睡眠に入った子供アツシを見守る主人公涼子。人工睡眠のシステム開発者を名乗る西野。目覚めたアツシの世話をする翔子。病室のお隣さん佳菜。登場人物の透明感が,複雑な物語を緩和する。いくつかの駆け引きの内容はよくわからない。システムの守り手が交代するという意欲作であることが分かる。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年08月19日
    185人がナイス!しています
  • 2018年215冊め。続編とは知らずに先に『アクアマリンの神殿』を読了してしまった。淡々とした前半と、謎が明らかになってくる後半の対比。彼女の思いは無償の愛なのか、二人の関係は共依存なのか。 2018年215冊め。続編とは知らずに先に『アクアマリンの神殿』を読了してしまった。淡々とした前半と、謎が明らかになってくる後半の対比。彼女の思いは無償の愛なのか、二人の関係は共依存なのか。
    扉のこちら側
    2018年06月26日
    163人がナイス!しています
  • 序盤から暫く一人語りの要素を纏い作者の考えを滔々と語っていくあたりはAI信者の海道さんらしいなぁと思いながらもかなり読み解くのが面倒になりそうだった(笑)初っ端からステルスシンイチロウの名前を見かける 序盤から暫く一人語りの要素を纏い作者の考えを滔々と語っていくあたりはAI信者の海道さんらしいなぁと思いながらもかなり読み解くのが面倒になりそうだった(笑)初っ端からステルスシンイチロウの名前を見かけると流石桜宮サーガだなぁ〜と思ったり、ノルガ共和国での医務官が多分あの人だろうなぁ~なんて思ったりしながら読んでいく内にどんどんと引き込まれて行った。人口冬眠で眠り続けるアツシを見守る涼子の思い。どうしてそんなにまでしてと思わずにはいられない。涼子はそして眠り姫に。彼女が目覚めた時にはどんな世界がまってるのか。 …続きを読む
    Hitoshi Mita
    2014年07月29日
    124人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

今まで読んだ海堂氏の作品の中で一番難しく、一番せつない物語。読み終わった後すっと涙が出た。設定が近未来であることや「コールドスリープ」にまつわる医療問題がテーマのひとつだったので、手塚治の「鉄腕アトム」を思わせる神秘的な雰囲気も感じられた。(giglioさん)

海堂さんの本を読んでいるといつも、これはフィクションなのかノンフィクションなのかが分からなくなってくる。今度も、もしかしたらコールドスリープがどこかで実際に行われているのではないかと本気で考えてしまうくらい物語の中に引き込まれた。(渡辺香涼さん)

近未来のおとぎ話。社会問題への鋭い洞察、官僚批判など、海堂節は健在ですが、この作品は今までになくロマンティックでファンタジックな物語でした。新しいことを始めるときの医学界と法曹界が絡まる問題や、既存権益に固執する官僚批判など、海堂作品に一貫する問題提議もあいかわらず明瞭で気持ちがいい(しらべ柴さん)

著者紹介

海堂尊(かいどう・たける)

1961年千葉県生まれ。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』で2006年デビュー。他著に『ジェネラル・ルージュの凱旋』『ジーン・ワルツ』『ケルベロスの肖像』『モルフェウスの領域』『輝天炎上』など多数。現在、独立行政法人放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター・Ai情報研究推進室室長。

この著者の商品

最近チェックした商品