氷獄

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041083321

氷獄

  • 著者 海堂 尊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041083321

バチスタ裁判、開廷。検察組織にメスを入れる、医療×司法エンタメ!

手術室で行われた前代未聞の連続殺人「バチスタ・スキャンダル」。
被疑者の担当となった新人弁護士・日高正義は、
有罪率99.9%を誇る検察司法の歪みに、正義のメスを入れる!

医療と司法の正義を問う、リーガル×メディカル・エンタテインメント!


「私が絞首台に吊されるその時、日本の正義は亡びるのです」

新人弁護士・日高正義が初めて担当する事件は、2年前、手術室での連続殺人として世を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」だった。被疑者の黙秘に苦戦し、死刑に追い込めない検察。弁護をも拒み続ける被疑者に日高正義は、ある提案を持ち掛けた。こうして2人は、被疑者の死刑と引き換えに、それぞれの戦いを開始する――。(「氷獄」)

『チーム・バチスタの栄光』のその後を描いた表題作を含む、全4篇。
待望のシリーズ最新作。田口・白鳥も登場!

◆収録作
「双生」……医師・田口公平のもとで研修に励むすみれ・小百合の桜宮姉妹。外来患者の夫の異変に気付いたすみれは、ある斬新な治療法を提案する。
「星宿」……十字星を見たい――。看護師の如月翔子は、手術を拒否し続ける少年・村本亮の願いを叶えるため、便利屋・城崎を呼び出し――。
「黎明」……末期癌の妻が入所した東城大学医学部付属病院のホスピスは、治る希望を捨て、死を受け入れるという方針だった。夫・章雄は反発するが……。
「氷獄」……新人弁護士・日高正義は「バチスタ・スキャンダル」の被疑者のもとを訪れる。弁護の拒否を続ける被疑者に、日高正義はある提案を持ち掛けて……。


メディアミックス情報

NEWS

「氷獄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桜宮サーガ4篇収録。バチスタ裁判を描いた中編と残りを短編で構成。それぞれ話として直接の連携は無いが桜宮のクセ者な面々がわらわらと出て来て楽しく読めた。もちろん、主題は重めで真面目なもの。シニカルながら 桜宮サーガ4篇収録。バチスタ裁判を描いた中編と残りを短編で構成。それぞれ話として直接の連携は無いが桜宮のクセ者な面々がわらわらと出て来て楽しく読めた。もちろん、主題は重めで真面目なもの。シニカルながら核心を突いた指摘に感服。短編は医療の現実と理想の差を浮き彫りにする内容で、一方の手段がダメだという安易な結論は示さない。「双生」でグッチーが最後に語った言葉が印象的。「氷獄」は医療よりも司法への皮肉が強め。検察への出し抜き方が強烈で、さらに意外な結末。総じて久々にグッチー&白鳥を味わえて嬉しかった。 …続きを読む
    buchipanda3
    2019年08月03日
    78人がナイス!しています
  • 久々に海堂さんの作品を読みました。バチスタの集大成というか懐かしい面々の登場でした。白鳥さんは相変わらずいい感じ。お話としてはまあまあ楽しめましたが、一気読みとまではいかなかったです。 久々に海堂さんの作品を読みました。バチスタの集大成というか懐かしい面々の登場でした。白鳥さんは相変わらずいい感じ。お話としてはまあまあ楽しめましたが、一気読みとまではいかなかったです。
    さっこ
    2019年08月20日
    54人がナイス!しています
  • 白鳥の毒舌が懐かしかった 白鳥の毒舌が懐かしかった
    うっちー
    2019年08月18日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品