咲くや、この花 左近の桜 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年07月25日
商品形態:
電子書籍

咲くや、この花 左近の桜

  • 著者 長野 まゆみ
発売日:
2013年07月25日
商品形態:
電子書籍

男同士が忍び逢う宿屋「左近」の長男・桜蔵に交わりを求めてくる妖たち――

春の名残が漂う頃、隠れ宿「左近」の桜蔵に怪しげな男が現れ手渡した「黒面を駆除いたします」というちらし。桜蔵は現ではないどこかへ迷い込む……匂いたつかぐわしさにほろ酔う、大人のための連作奇譚集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「咲くや、この花 左近の桜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長野さん初読み。妖たちを引き寄せてしまう不思議体質の主人公が遭遇する連作奇譚集。背景を理解できないうちに夢と現を往還し、曖昧でよく分からないまま次の話へ。一話が短いので余韻に浸る間もなく目まぐるしい。 長野さん初読み。妖たちを引き寄せてしまう不思議体質の主人公が遭遇する連作奇譚集。背景を理解できないうちに夢と現を往還し、曖昧でよく分からないまま次の話へ。一話が短いので余韻に浸る間もなく目まぐるしい。設定は面白いのにもうすこし説明があってもいいのではと思ったら、シリーズ二作目だった。順番を間違えた私が悪い。深謝。作者の確固たる世界観をうまくイメージできず前半は戸惑ったが、後半はペースをつかんで愉しむことができた。好きな雰囲気の耽美幻想譚だったので、前作『左近の桜』も読んでみたい。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2020年03月11日
    70人がナイス!しています
  • 続編と知らずに読みました。男色宿を営む女将の子供という設定がユニークで少年から青年に移行する一時期の描き方がいつもながらすばらしい!そして異界との接点の処理が巧みで独特の幻想世界が展開される。 続編と知らずに読みました。男色宿を営む女将の子供という設定がユニークで少年から青年に移行する一時期の描き方がいつもながらすばらしい!そして異界との接点の処理が巧みで独特の幻想世界が展開される。
    コットン
    2013年04月04日
    69人がナイス!しています
  • 帯に「風雅で官能的な幻想忌憚集」とあるのを読了後気付いた。知識の無い世界に入るには、余りにも年を食い過ぎた。2巻目はさすがにしんどかった。モノノケやアヤカシに振り回される桜蔵はやはり女なのか・・。桜蔵 帯に「風雅で官能的な幻想忌憚集」とあるのを読了後気付いた。知識の無い世界に入るには、余りにも年を食い過ぎた。2巻目はさすがにしんどかった。モノノケやアヤカシに振り回される桜蔵はやはり女なのか・・。桜蔵が青年となった今・・柾が父親を止めた。男の世界・・眉目秀麗な男達。たおやかな男。・・現実にはなかなかそういう殿御に出会えないから、夢、幻を追い求める若者にお勧めしよう …続きを読む
    はつばあば
    2015年08月14日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品